2019年 11月 23日 (土)

谷垣幹事長めぐる人事報道が大混乱 後任報道で謝罪、朝刊「続投」が夕刊で「断念」に

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   自転車事故で入院中の自民党の谷垣禎一幹事長の人事をめぐる報道が混乱している。2016年7月29日にはフジテレビが「後任は岸田文雄外相」と報じた直後に誤報を認めて陳謝したのに続いて、8月1日には毎日新聞が朝刊で「谷垣幹事長続投へ」と報じ、夕刊では「続投断念」と大幅に軌道修正した。事実上、誤報を訂正した形だ。

   自民党が谷垣氏の事故から10日間も病状を公表せず、現時点でも復帰の見通しが立たないことが、一連の混乱を生んでいる。

  • 8月1日の毎日新聞朝刊(右)と夕刊(左)。「続投」から「続投断念」に大幅に内容が変わっている
    8月1日の毎日新聞朝刊(右)と夕刊(左)。「続投」から「続投断念」に大幅に内容が変わっている

フジ「後任に岸田氏」、報道直後に誤報と陳謝

   谷垣氏は7月16日に都内をロードバイクで走っていたところ転倒して入院。しばらく病状は明かされないままだったが、自民党は7月26日になって谷垣氏の症状を「頸髄(けいずい)損傷」と公表、手術を受けたことも明かした。その後も、谷垣氏本人の肉声は全く伝わらないまま、復帰の見通しが明らかにされない状態が続いている。

   そんな中でフジテレビが7月29日23時すぎ、ニュース速報で「谷垣幹事長交代、後任は岸田文雄外相」と報じた。しかし、直後の7月30日未明のニュース番組で「現段階では確認が取れていない情報でした」などと誤報を認めて陳謝した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中