2018年 10月 22日 (月)

再発が怖い大腸がんの治療薬に期待 「がんの親玉」を退治する化合物作製

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   大腸がんは年間約13万人が発症、約5万人が死亡する日本人に一番多いがんだ。大腸がんが恐ろしいのは再発率が高いからだが、国立がん研究センターが再発の原因となる「がん幹細胞」の働きを抑える物質を作製に成功し、医学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」(電子版)の2016年8月26日号に発表した。

   大腸がんの新たな治療薬として数年後の実用化を目指す。

   がん幹細胞は「がんの親玉」といわれる細胞だ。通常のがん細胞は抗がん剤で縮小することができるが、がん幹細胞はポンプのようなタンパク質を持ち、抗がん剤を投与しても薬剤を細胞の外に排出してしまう。しかも冬眠したような状態で長期間潜み続けることができる。大腸がんは、再発・転移した場合の5年生存率が約15%と低いのは、従来の抗がん剤ではがん幹細胞を根絶することが難しく、生き残ってしまうからだ。

   このがん幹細胞の発生には特定の酵素が作用することがわかっていた。研究チームは、この酵素の働きを阻止する新しい化合物の作製に成功、人間の大腸がんの細胞を移植したマウスに化合物を飲ませたところ、高い確率でがん幹細胞の増殖を抑えられた。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...