2018年 7月 19日 (木)

真田丸「関ヶ原」シーンは45秒だけ ファン仰天、三成ツイッター「これで終わり??」

印刷

   大河ドラマ「真田丸」の最新回で、関ヶ原の合戦がほとんど描かれないという「珍事」が起こった。

   互いの軍勢がぶつかる様子や、西軍が瓦解する様子は流れず、「西軍惨敗」の結果が間者の報告で伝えられただけ。視聴者はツイッターで「超高速関ヶ原」「関ヶ原これだけ!?」と驚きの声を上げた。

  • 「超高速関ヶ原」のワケは…(「真田丸」の公式サイトより)
    「超高速関ヶ原」のワケは…(「真田丸」の公式サイトより)

「天下分け目の大戦が今、始まろうと...」とナレーションは入ったが

   2016年9月11日放送回は「決戦」と題し、関ヶ原の合戦前後の諸将の動きを追った。とりわけ詳しく描かれたのは、真田家の分裂だ。西軍についた真田昌幸(草刈正雄)と信繁(堺雅人)、東軍についた信幸(大泉洋)、敵と味方に分かれた互いの心の機微がところどころでクローズアップされた。

   合戦は、徳川秀忠(星野源)の軍勢が昌幸らの籠る上田城を攻撃する、いわゆる「上田合戦」が中心。

   関ヶ原の合戦は石田三成(山本耕史)軍、徳川家康(内野聖陽)軍がそれぞれの陣地に陣取るシーンのみ。三成が「いよいよだな」とつぶやいて「天下分け目の大戦が今、始まろうとしている」とナレーションが入ったところで、すぐ上田城の陣中に場面が切り替わった。この間、およそ45秒。

   直後、上田城に真田家の間者佐助(藤井隆)が現れて「西軍惨敗」の結果を昌幸らに伝え、番組は終わる。この時、すでに西軍の大谷吉継(片岡愛之助)は戦死、三成も戦場から行方をくらましたことになっている。真田家の運命を分けたともいえる関ヶ原の合戦だが、東西両軍のぶつかり合いは完全に「スルー」された。

   これを見た視聴者は放送後、ツイッターに

    「なんという超高速関ヶ原...」
    「え!?関ヶ原これだけ!?」

と驚きの声を寄せた。

   「石田三成」を称する人気ツイッターアカウントも、「え、いや待ってくれこれで終わり???」「【悲報】 40秒で関ヶ原の戦い終わる」と困惑の色を隠せない様子でつぶやいた。

真田一族が見ていないものは「描かない」スタンス

   「超高速関ヶ原」の理由は何だったのか。時代考証を担当する、国文学研究資料館の丸島和洋さんは放送後、

「本作は最初から真田一族ときりが見ていないものは「描かない」(家康や秀吉のひとりのシーンなど一部例外あり)というスタンスで決めているとのことでしたので、私としてもそれを踏まえて考証をしています」

とツイートした。

   関ヶ原の合戦の戦況を伝えた当時の史料を参照する限り、小早川秀秋の寝返りが起こったのは開戦直後。そのため、「本戦そのものも短時間で決着をした」という。

   「超高速関ヶ原」は「真田家の目線」を貫く脚本家・三谷幸喜さんのスタンスと、最新の研究成果が組み合わされた「表現」と言えそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中