2018年 9月 20日 (木)

「鳥取県でインド6弱」のデマ画像が拡散 「ミヤネ屋」誤字が混乱に拍車?

印刷

   2016年10月21日に発生した鳥取県中部を震源とする最大震度6弱の地震で、発生直後からツイッターで「NHKが『鳥取県でインド6弱』と報じた」とするデマ画像が拡散され、混乱を呼んでいる。

   タイミングを同じくして、情報番組「ミヤネ屋」(読売テレビ)が「島根・鳥取市」という誤字のテロップを表示したこともあり、一部信じてしまった人もいる模様だ。こういったことが混乱に拍車をかけた可能性もあり、なかには2万件ほどリツイートされた投稿もある。

   「震度」と「インド」を誤って表記したとされる画像は、2004年頃からネット上に登場したとみられ、今でも地震のたびに悪ふざけの「ネタ」として悪用されている。投稿者にとっては「悪ふざけ」のつもりでも、災害時のいたずらは重大な結果を招く可能性がある。

   16年4月の熊本地震の際には、

「おいふざけんな、地震のせいで   うちの近くの動物園からライオン放たれたんだが   熊本」

というコメントと共にライオンが街を徘徊している写真をツイッターに投稿した20歳の会社員の男が、うその情報を流して動物園の業務を妨害したとして、偽計業務妨害の疑いで逮捕されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中