2018年 11月 16日 (金)

「鳥取県でインド6弱」のデマ画像が拡散 「ミヤネ屋」誤字が混乱に拍車?

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   2016年10月21日に発生した鳥取県中部を震源とする最大震度6弱の地震で、発生直後からツイッターで「NHKが『鳥取県でインド6弱』と報じた」とするデマ画像が拡散され、混乱を呼んでいる。

   タイミングを同じくして、情報番組「ミヤネ屋」(読売テレビ)が「島根・鳥取市」という誤字のテロップを表示したこともあり、一部信じてしまった人もいる模様だ。こういったことが混乱に拍車をかけた可能性もあり、なかには2万件ほどリツイートされた投稿もある。

   「震度」と「インド」を誤って表記したとされる画像は、2004年頃からネット上に登場したとみられ、今でも地震のたびに悪ふざけの「ネタ」として悪用されている。投稿者にとっては「悪ふざけ」のつもりでも、災害時のいたずらは重大な結果を招く可能性がある。

   16年4月の熊本地震の際には、

「おいふざけんな、地震のせいで   うちの近くの動物園からライオン放たれたんだが   熊本」

というコメントと共にライオンが街を徘徊している写真をツイッターに投稿した20歳の会社員の男が、うその情報を流して動物園の業務を妨害したとして、偽計業務妨害の疑いで逮捕されている。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中