2018年 12月 14日 (金)

愛犬家に朗報!イヌの人工血液を合成 手術用の輸血不足の問題解決に前進

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ペットの手術に必要な血液の不足が深刻な問題になっているが、中央大学と宇宙航空研究開発機構(JAXA)の合同チームは2016年11月11日、イヌの輸血用人工血液の合成に成功したと発表した。

   長期保存が可能で、血液型に関係なく使え、5年後の製品化を目指す。研究論文は2016年11月10日付の英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載された。

   中央大学とJAXAが発表した資料によると、日本では、動物医療における広域で利用が可能な献血システム(血液バンク)が存在しないため、重症のペットの手術用に血液を確保することが難しいのが実情だ。輸血が必要なイヌやネコには獣医自身がドナーを準備しなければならず、大きな動物病院の中には院内に供血用のイヌやネコを飼っているところが少なくない。ウシの血液を使った製剤があるが、副作用の心配がある。

   研究チームは遺伝子組み換え技術を使い、ウシのヘモグロビン(赤血球の中の酸素を運ぶタンパク質)をイヌの血清タンパク質で包み込む形の分子の合成に成功した。この「合成血液」を実際にイヌに投与したところ、安全性に問題はなかった。「合成血液」は大量に作ることが可能で、研究チームでは「ペット医療の分野の深刻な輸血血液確保の問題を解決する画期的な発明です」と意気込んでいる。

  • ワンコの輸血用血液が足りなかった
    ワンコの輸血用血液が足りなかった
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中