2018年 7月 21日 (土)

宮城県の「顔立てた」妥協点 五輪ボート会場、結局「海の森」だが...

印刷

   2020年東京五輪・パラリンピックで見直しが焦点になっていた3会場のうち2会場は、当初提案されていた場所のままでコストを削減して建設することになった。東京都、政府、組織委員会、国際オリンピック委員会(IOC)が2016年11月29日に行った4者協議で決まった。

   一連の再検討のきっかけになったのは、都政改革本部のオリパラ調査チームが9月29日に発表した調査報告書。報告書では東京都以外での開催も提言されていたが、少なくとも2会場については、提言以前の原案に近い形で決着することになりそうだ。

  • 2016年5月時点での「海の森水上競技場」の完成イメージ図(東京都ウェブサイトから)
    2016年5月時点での「海の森水上競技場」の完成イメージ図(東京都ウェブサイトから)

「復興五輪」の大義名分を維持

   調査チームの報告書では、

「今のままでは、開催総費用は3兆円を超える可能性がある」

として、都が建設することになっている7つの新規恒久施設のうち、「海の森水上競技場」(ボート、カヌー<スプリント>)、「アクアティクスセンター」(水泳<競泳、飛込、シンクロナイズドスイミング>)、「有明アリーナ」(バレーボール)の3施設について、東京都以外への移設や既存施設の改修で対応すべきだと提言していた。

   ボート、カヌーについては、調査チームは長沼ボート場(宮城県登米市)への移設を提言していたが、今回の協議では海の森水上競技場を整備することで一致。今後、常設にするか仮設にするかを詰めるなどしてコスト削減を図る。長沼ボート場については、ボート・カヌーの事前合宿を行うことで合意。「復興五輪」という大義名分を維持しつつ、誘致に積極的だった宮城県など地元自治体の顔を立てた形だ。

先送りのバレー会場、小池知事「クリスマスまでには...」

   水泳は、アクアティクスセンターを建設することで決着。客席数を当初予定されていた2万席から1万5000席に減らし、建築方法を変更してコストを削減する。

   バレーボールは、コストを削減して有明アリーナを新設する案と、既存の「横浜アリーナ」を活用する案とが検討されていたが、検討に時間がかかるとして決定を先送りすることになった。小池百合子知事は

「クリスマスまでには最終の結論を出したい」

と話した。

   調査チームが「3兆円超え」の可能性を指摘した開催費用については、組織委の武藤敏郎事務総長は「2兆円を切る」見通しを示したが、IOCのコーツ副会長はさらにコスト削減を求めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中