2018年 11月 16日 (金)

採用で落ちた会社から再面接通知 「行かぬが吉」説もあるが...

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   就職試験で、一たん「不採用」の通知を受けた人に、再度「採用面接を受けませんか」と連絡があるケースがあるようで、インターネットで話題になっている。

   「就職は縁」ともいわれるが、新卒採用の場合は大学3年生で就職活動を開始。内定をもらっても、4年生の卒業ギリギリまで頑張り続ける人もいる。一方の企業側も、人手不足に悩んではいるものの、「いい人材」を採用したい。そんなこともあり、企業が就職試験を再度呼びかけるケースは、まま見受けられるようだ。

  • 就職試験で「不採用」の通知を受けた企業から、再度「面接に来て」といわれたら・・・
    就職試験で「不採用」の通知を受けた企業から、再度「面接に来て」といわれたら・・・

「補欠合格」のようなもの

   「不採用通知後の再面接の誘い」のケースについて、大学生の就活に詳しい大学ジャーナリストの石渡嶺司氏に2017年1月12日に話を聞くと、「そういったケースは昔からありますね。最終選考に残った学生は、企業がほしい学生であることは間違いありません。ボーダーライン上の人で、内定辞退などがあった場合などに声をかけることがあります」と話す。いわば、「補欠合格」のようなものらしい。

   最近の学生の傾向として、「就職することを大前提に、たとえば第一志望のマスコミがダメなら、次に商社、その次はメーカーといった具合に、就活中に志望する企業がどんどん変わっていきます。そこに第一志望のマスコミから『再チャレンジしてみない』と声がかかれば、他社から内定をもらっていても、受け直す人はいるでしょう」という。

   学生の「売り手市場」であることも手伝って、企業が「再チャレンジ」を促すケースは増えているとみている。

   そうしたなか、インターネットのまとめブログで、「不採用通知来た企業からまた面接来てほしいって言われたんだが・・・」との、書き込み(1月11日付)が話題になっている。

   書き込んだ主は、転職のため、その企業の中途採用の試験を受けたようで、「不採用」の通知があったのは2016年9月のこと。転職サイトからの申し込みだったようで、「また面接に来てほしい」との知らせは、「転職サイト経由じゃなくて、個人的にメールが来た」と明かしている。

   寄せられたコメントには、

「これってなに? また募集かければいいことじゃないの??」
「ギリギリ不採用だったんだよ。繰り上げ当選w」
「行かぬが吉だよ。考えてみろよ、キープくん扱いなんだよ」
「まぁ普通に考えたら他に採用したヤツがすぐに辞めたんだろな... お前さえよければいいんじゃないの」

などとあり、さまざまな意見で盛り上がっている。書き込み主は結局、次の転職先を決めて、すでに働いているようだ。

企業は「個人情報の破棄、返却、保管などの規律を募集要項に定めておく」

   一方、企業側の個人情報の取り扱いに問題はないのだろうか――。通常、企業では個人情報保護の観点から、採用試験が終了するたびに不採用者の履歴書や経歴書などの書類はすべて廃棄しているはずだ。

   2017年1月12日、J‐CASTニュースがアディーレ法律事務所に取材したところ、吉岡一誠弁護士は「書類の保管に明確な定めはありませんが、個人情報保護法の趣旨からすれば、合理的な理由がない限り採用活動終了後は速やかに破棄または応募者に返却すべきでしょう」と話した。

   「不採用にした応募者のエントリーシートや履歴書、経歴書をもとに、その応募者に再度連絡する行為自体は、採用活動の範疇と考えられるため、直ちに違反行為とはいえません。しかし、個人情報保護法第15条1項には、個人情報取扱事業者は利用目的を特定しなければならないとあり、また本人の同意を得ることなく、該当する利用目的の達成に必要な範囲を超えて、当該個人情報を取り扱ってはならない(16条1項)とあるので、トラブル防止のために、あらかじめ採用活動の期間や採否決定後の個人情報の破棄、返却、保管などに関する規律を募集要項に定めておくことが望ましいといえます」と説明する。

   また、今回のまとめブログの書き込み主のような、メールでのやり取りについても「個人情報に含まれるため、採用活動終了後は速やかにメールアドレスや内容を破棄することが望ましいでしょう」と指摘。メールのやり取りから連絡先を割り出したとしても、個人情報への配慮が足りない行為といえそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中