2019年 1月 20日 (日)

大谷翔平「世界一」へ4年越しの悲願 WBCに「投手と打者のどちらで出たい?」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...


   「WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)は投手と打者、どちらで出たい?」。二択を迫られたのはもちろん、二刀流・大谷翔平(22)だ。

   「野球世界一」を決める大会の初戦まで2か月を切る中、その口から出た答えは明快だった。

「代表として出たいとずっと思っていた」

 WBCへの意気込みを述べた大谷翔平。抱えるのはJ SPORTSのマスコットキャラ「ピクトリ」
WBCへの意気込みを述べた大谷翔平。抱えるのはJ SPORTSのマスコットキャラ「ピクトリ」

   「前回大会、準決勝で日本が負けたのを見ている。4年後は自分が代表として出たいとずっと思っていた」。大谷は淡々と語ったが、4年越しの念願を叶えるチャンス。繰り返し発した「とにかく勝ちたい」という言葉は闘志を感じさせた。では投手と野手、どちらを選ぶのか。

「使ってもらえるならどちらでもいい」。

   ポジションにはこだわらない。「『自分が、自分が』と主張する気もない。勝てるなら、与えられた役割は何でもやる」と何よりも勝利を優先させる。WBCへの意気込みを漢字一文字で表すなら、と問われると、色紙に書いたのは達筆な「奪」の字だった。(2017年1月20日、都内「J SPORTS 開局20周年プレス発表会」)

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中