2018年 11月 18日 (日)

大谷翔平「世界一」へ4年越しの悲願 WBCに「投手と打者のどちらで出たい?」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...


   「WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)は投手と打者、どちらで出たい?」。二択を迫られたのはもちろん、二刀流・大谷翔平(22)だ。

   「野球世界一」を決める大会の初戦まで2か月を切る中、その口から出た答えは明快だった。

「代表として出たいとずっと思っていた」

 WBCへの意気込みを述べた大谷翔平。抱えるのはJ SPORTSのマスコットキャラ「ピクトリ」
WBCへの意気込みを述べた大谷翔平。抱えるのはJ SPORTSのマスコットキャラ「ピクトリ」

   「前回大会、準決勝で日本が負けたのを見ている。4年後は自分が代表として出たいとずっと思っていた」。大谷は淡々と語ったが、4年越しの念願を叶えるチャンス。繰り返し発した「とにかく勝ちたい」という言葉は闘志を感じさせた。では投手と野手、どちらを選ぶのか。

「使ってもらえるならどちらでもいい」。

   ポジションにはこだわらない。「『自分が、自分が』と主張する気もない。勝てるなら、与えられた役割は何でもやる」と何よりも勝利を優先させる。WBCへの意気込みを漢字一文字で表すなら、と問われると、色紙に書いたのは達筆な「奪」の字だった。(2017年1月20日、都内「J SPORTS 開局20周年プレス発表会」)

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中