2018年 12月 12日 (水)

肺炎の予防ワクチンはやっぱり効く 年間10万人もの患者を減らす効果

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   肺炎は日本人の死因の第3位で、特に高齢者に非常に多い。原因菌の中でも肺炎球菌が3割を占めるが、その予防ワクチンを接種すると肺炎にかかる人を3割以上減らすことができると、長崎大学熱帯医学研究所のチームが突きとめた。

   研究者は、65歳以上の全員がこのワクチンを接種すると、年間で約10万人の肺炎患者を減らすことができると試算している。研究成果は英医学誌「Lancet Infectious Diseases」(電子版)の2017年1月24日号に発表された。

  • 高齢者に怖い肺炎(写真はイメージです)
    高齢者に怖い肺炎(写真はイメージです)

肺炎死亡者の95%は65歳以上の高齢者

   長崎大学の発表資料によると、このワクチンは「23価ワクチン」といい、約90種類ある肺炎球菌の中でも特に肺炎を引き起こしやすい23種類の菌に対応する。しかし、これまでワクチンの予防効果は「推計」でしかなく、はっきりとしたデータで解明したのは今回が世界で初めて。

   2015年に国内では約12万人が肺炎で死亡し、日本人の死因の第3位で、死者の95%が65歳以上だ。このため、2014年から65歳以上を対象に23価ワクチンの定期接種が始まり、国や自治体が費用の一部を負担している。しかし、予防効果がはっきりしないうえ、自己負担が2~5千円ほどかかるため接種率は約4割にとどまっている。

   研究チームは、2011~2014年の3年間に北海道、千葉、高知、長崎の4病院で受診した65歳以上の肺炎患者2036人の検体を採取し、熱帯医学研究所が開発した装置を使って肺炎球菌の種類を分類、ワクチン接種の割合から予防効果を計算した。その結果、23価ワクチンを接種すれば、特に危険な23種類の肺炎球菌による肺炎を33.5%減らすことがわかった。それ以外の肺炎球菌を含めた全肺炎も27.4%を減少できるという。

   研究チームは発表資料の中で、「23価ワクチンは高い効果を上げていると考えられます。また、男性よりも女性に、75歳以上よりも75歳未満に効きやすい傾向があることもわかりました。65歳以上の全員が定期予防接種を受けた場合、肺炎にかかる人は年間およそ10万人減らすことができる計算になります」とコメントしている。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中