2018年 11月 16日 (金)

嘉手納爆音訴訟、国に過去最高額301億円の賠償命令 差し止めは認めず

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   米軍嘉手納基地(沖縄県沖縄市など)の周辺住民が米軍機の夜間・早朝の飛行差し止めや騒音被害に対する損害賠償などを求めた「第3次嘉手納爆音訴訟」で、那覇地裁沖縄支部(藤倉徹也裁判長)は2017年2月23日、騒音被害を認め、約301億9800万円の支払いを国に命ずる判決を言い渡した。各メディアが報じた。

   軍用機の騒音訴訟に対する賠償額としては過去最高。一方で飛行差し止め請求については日本政府には米軍の行動を制約する権限は及ばないとして請求を退けた。

   1982年に始まった嘉手納爆音訴訟では、第1次訴訟、第2次訴訟いずれも騒音被害を認め、賠償を命じているが、飛行差し止めについては認めていない。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中