岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
 いまNYでは、こんなジョークが飛び交っている

印刷
「今夜はガールズ・ナイト。男たちは家で子守りよ」

   アカデミー賞授賞式の夜(米国時間2017年2月26日)、リベラルなユダヤ人の友人に誘われて、彼女の友人のホームパーティに行った。毎年、この夜には、女性ばかり十数人が集まり、食べ物やワインを持ち寄って、授賞式をテレビで一緒に見る。各部門のノミネート作品が書かれたシートが配られ、各自がそれに印を付け、誰が最も正解が多いか競い合う。

  • オスカー賞のロゴ(The Oscars 2017公式サイトより)
    オスカー賞のロゴ(The Oscars 2017公式サイトより)

「もっと辛辣に批判するかと思ってたわ」

   私は初めて会う人が、ほとんどだった。前回、参加した時は黒人もいたが、今回は私以外すべて白人だ。「ガールズ」と言っても、高校生から70代までと年齢の幅はあるが、最大の関心のひとつは、やはりセレブたちのファッションだ。

   「あのドレス、70年代風じゃない?」、「あら、私は好きよ」、「ゴージャスなドレスにゴージャスな笑顔。彼女、最高だわ」などと盛り上がる。

 

   授賞式が始まると、どの作品が受賞するかハラハラしながら、司会のジミー・キンメルがトランプをおちょくるジョークに大笑いする。

   マンハッタンのトレンディな地域の、スタイリッシュなマンションに集まったのは、銀行員、アートディーラー、サイコセラピストなど、比較的、豊かな生活を送る女性たちだ。最近、難民を支援団体に紹介する手伝いを始めた人もいた。彼女たちが反トランプ派なのは、尋ねなくても想像できる。

   今年の授賞式は最初から最後まで、トランプ批判が続いた。キンメルはオープニングで、「これは225か国以上で放送されているが、どの国も今や僕たちを憎んでいる」と語った。トランプ氏が以前、女優のメリル・ストリープを「過大評価されている」と揶揄したことを受けて、「そのドレス、いいね。イヴァンカかい」とストリープをからかった。また、「トランプ、起きてるか」などとツイッターでつぶやいた。

   ホームパーティにいたひとりが、物足りなそうにつぶやく。「みんな、もっと辛辣にトランプを批判するかと思ってたわ」。

「アメリカを分断しているのは、そう言っているアカデミー」

   私はその日の午後、パーティの前に反トランプ派の集会を取材し、トランプ支持派の人たちとも話した。

   パーティで初対面の女性にその時の様子を聞かれたので、「トランプが入国規制しようとしている特定7か国は、オバマ政権下ですでに『懸念対象国』として挙げられていた」というトランプ支持者の声を伝えると、「でもオバマはトランプのように、入国を禁止していないわ! オバマはトランプとは、まったく違うわ!」と声を荒げた。

   私は穏やかに話していたつもりだが、せっかくの楽しい夜を台無しにしたくなかったので、徐々に話を変えた。

   今年のアカデミー賞授賞式の視聴率は、過去9年間で最低だった。大ヒットした作品が少なかったことに加え、ハリウッドのイベントでの政治的発言は珍しくはないものの、今回はトランプ批判が激しいと予想されたため、と専門家は分析している。

   授賞式を見たトランプ派の男性は、憤慨しながら私に言った。

「団結を呼びかけていたけれど、アメリカを分断しているのは、そう言っているアカデミーの本人たちじゃないのかい。あれじゃ、主役は映画じゃなくて、トランプだ。トランプに主演男優賞をやったらどうだい?」

   昨年のアカデミー賞では、2年連続で主要部門にノミネートされた俳優が白人に偏っていると批判され、授賞式のボイコット騒ぎや抗議デモが起きた。今年はイラン人の監督に外国語映画賞が与えられたが、監督はイスラム圏7か国に対する措置に抗議し、授賞式を欠席した。そして、作品賞は、カードの渡し間違いで、どんでん返し。最終的に黒人の少年の心の成長とアイデンティティを描いた「ムーンライト」と発表された。

   「人種差別を批判されていたアカデミーが、反トランプの波に乗って、こうした授賞結果にしたのではないか」といううがった見方もある。

 

   私をアカデミー賞のホームパーティに誘ってくれた友人が、トランプの大統領当選が決まる直前に言っていたことを思い出す。

「あまり賢くない人たちが、demigod(半神)を求めている。すぐに簡単に問題を解決してくれると信じて。トランプは、知識も中身もない危険な男。ヒトラーとよく似ているわ。私も友だちも全員、ヒラリー支持よ」

   そして、民主党支持者の多いニューヨークでは今、今回のアカデミー賞のどんでん返しにひっかけて、こんなジョークが飛び交っている。

「あ、すみません。間違いです。大統領はドナルド・トランプではありません。ヒラリー・クリントンです!」

(随時掲載)


++ 岡田光世プロフィール
岡田光世(おかだ みつよ) 作家・エッセイスト
東京都出身。青山学院大卒、ニューヨーク大学大学院修士号取得。日本の大手新聞社のアメリカ現地紙記者を経て、日本と米国を行き来しながら、米国市民の日常と哀歓を描いている。文春文庫のエッセイ「ニューヨークの魔法」シリーズは2007年の第1弾から累計35万部を超え、2016年12月にシリーズ第7弾となる「ニューヨークの魔法の約束」を出版した。著書はほかに「アメリカの家族」「ニューヨーク日本人教育事情」(ともに岩波新書)などがある。


  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中