麻央さん「母心が湧き出ます」 勸玄くんの「助六」の真似見て...

印刷

   がん闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央さん(34)が2017年3月5日夜にブログを更新し、長男の勸玄くん(3)が歌舞伎俳優として「助六」を演じる日に思いをはせた。

   この日、東京・歌舞伎座では歌舞伎十八番の1つ「助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)」が上演され、市川海老蔵さん(39)が「助六」として出演。勸玄くんと長女の麗禾ちゃん(5)はそろって観劇してきたという。

  • 小林麻央さん
    小林麻央さん

開口一番に「ママにも観せたかったぁー」

   麻央さんが帰宅した子供たちに感想を聞くと、勸玄くんは開口一番に「ママにも観せたかったぁー」と言い、助六の「出端の場面」を真似してみせてくれたそうだ。ブログでは、そんな勸玄くんの可愛らしい写真を公開し、

「息子が助六を演じるかもしれない日を 見届けたい母心が湧き出ます」

としみじみつづった。

   一方の麗禾ちゃんは、「感想を聞いても、反応少なめ、、、」だったという。

   5日に海老蔵さんが更新したブログによると、麗禾ちゃんは観劇後、海老蔵さんに「面白かった!面白かったけど、パパが女の子たちに銀煙管もらうところ!たくさんもらうところ!やだった」と話したのだという。

   どうやら「パパが女の子たちに銀煙管もらうのに嫉妬した」ということのようで、これには海老蔵さん本人も「おいおい、すげ~なぁ~ 完全に一本とられた。参りました......」と驚きを露わにしていた。

   麻央さんは「主人のブログを見て、納得です。笑」とつづり、麗禾ちゃんの女の子らしい反応を微笑ましく受け止めたようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中