2019年 1月 18日 (金)

「臭すぎる」韓国の発酵食品「チョングッチャン」 キムタクも食べた珍味

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   納豆に似た「チョングッチャン」と呼ばれる韓国の発酵食品が、にわかに注目を集めている。チゲなどに混ぜ込む、味噌のような食べものだ。

   韓国紙の報道をきっかけに、納豆との違いや健康効果がクローズアップされている。今回、J-CASTニュース記者がチョングッチャンを食べ、味や風味、食感をレポートする。

  • 1パック300円ほど
    1パック300円ほど
  • 【画像】納豆とはちょっと違う…?
    【画像】納豆とはちょっと違う…?

韓国人ネットユーザー「あまりのにおいに全部は食べられない」

   チョングッチャンは納豆と同じ大豆の発酵食品だ。茹でた大豆の表面に菌を付け、短い期間で発酵させる。

   このチョングッチャンが注目を集めるきっかけとなったのが、韓国紙「ヘラルド経済」電子版の17年3月9日付け記事「チョングッチャンVS納豆」だ。

   これが13日になって、日本のニュースサイト「レコードチャイナ」に日本語翻訳記事として取り上げられ、ツイッターで

「何ぞや?」
「健康に良いのか?」

   などの反応が相次いだ。07年公開の映画「HERO」で元SMAP・木村拓哉さん演じる主人公・久利生公平が食べたことも影響してか、知名度は比較的高い。

   ヘラルド経済の記事によると、納豆とチョングッチャンは「似ているよう違う点が多い」という。たとえば、納豆は納豆菌のみ、チョングッチャンは複数の菌を使って発酵させる。

   また、納豆はもっぱら加熱せず食べる一方、チョングッチャンは野菜や肉、香辛料などと煮こむのが一般的。いわゆる「チゲ」スタイルだ。

   しかし、「においの強さ」は共通しているらしい。同記事は「(煮込むと)家の中ににおいが充満する」とし、ろうそくを使った消臭テクニックまで紹介している。

   また、レコードチャイナの記事は「この前お店でチョングッチャンを頼んだけど、あまりのにおいに全部は食べられなかった」という韓国のネットユーザーの声を紹介している。

納豆の香りのする「味噌」

   そんなにすごいにおいなのか――。興味が湧いた記者は、早速入手に向けて動いた。3月14日の昼下がり、東京最大のコリアンタウン・新大久保を訪れた。ディープな現地食材がそろうスーパーの冷蔵棚に、それはあった。180グラム入った1パックの値段は300円ほど。

   金色のカラータイで止められているだけの、簡易なビニール包装だ。表のラベルはハングル文字だけで、何が書いてあるか分からない。裏のラベルには、「大豆・精製塩」という日本語の原材料表示があった。納豆と違い、塩気があるらしい。鼻を近づけると、包装越しにほんのり納豆のような独特の匂いがする。

   帰社した後、期待に胸を躍らせながら包装を解いた。カラータイを外すと納豆の匂いが一層強くなり、近くにいた編集部員に「何かにおわないですか」と指摘された。体臭と思われたのなら心外だ。

   気を取り直し、チョングッチャンの塊を箸で崩してかけらを紙皿に載せる。水分の少ないペーストのようで、糸を引くことはない。見た目、感触ともに、大豆の形がしっかり残った味噌のようだ。

   おそるおそる口に持っていく。大豆の風味と発酵食品特有の旨みが強い。おそれていたにおいは、意外にもほんのり香る程度。もちろん「全部食べられない」レベルではなく、ろうそくで消臭する必要もなさそうだ。加熱後の変化や商品による差は不明ながら、納豆よりもマイルドで味噌ほど塩分が強くないため、生でも食べられる。チゲはもちろん、ご飯やお酒のお供としても使えそうだな、と感じた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中