2018年 12月 12日 (水)

HIV感染者とエイズ患者数ほぼ横ばい 早期発見・治療浸透せずと懸念

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   厚生労働省エイズ動向委員会は2017年3月29日、2015年12月28 日~2016年12月25日までの約1年間の感染者報告速報として、HIV感染者とAIDS(エイズ)患者を合わせた新規報告数が1440件で過去9位となる件数だったと発表した。

   HIV感染者は「ヒト免疫不全ウイルス(HIV)」への感染が確認された人のことで、エイズ患者はHIV感染によって後天性免疫不全症候群を発症している人を指す。

検査、相談件数が減少傾向

   同委員会の報告書によると、HIV感染者は1003件で2015年度よりやや減少しているが、エイズ患者数は437件となりやや増加した。HIV感染者とエイズ患者報告数に占めるエイズ患者報告数の割合はここ数年約3割のまま推移しており、HIV感染の早期発見や早期治療が浸透していない現状を示しているとの懸念を同委員会はコメントしている。

   HIV感染者・エイズ患者共に感染経路は性的接触によるものが8割以上で、特に同性間の接触が多く6~7割を占める。年齢別では20~30代の報告数が多いが、年齢分布は10~80代まで幅広い年齢層で確認された。

   献血時におけるHIV感染が確認される陽性者件数は2015年度よりも減少しているが、保健所などでの検査件数や相談件数も減少傾向にあるという。血液製剤によるHIV感染を防ぐため献血時の問診には適切に回答し、感染が疑われる場合は献血を検査の代替にせず、保健所等での無料・匿名検査を積極的に利用するよう同委員会は呼びかけている。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中