「消防車で団員が食事に」で謝罪 ネット「ご苦労様で済む話」

印刷

   愛知県一宮市にあるうどん店の駐車場に消防車が駐車していて、消防団員らが昼食をとっていた、と地元新聞が取り上げた。市の消防本部が「適切ではなかった」と謝罪した事も記事では触れている。

   しかし、食事をしていた7人は消防署の職員ではなく、ボランティア的性格のある消防団員であり、打ち合わせが終わっての帰宅途中だったため、ネット上では「新聞が取り上げるほどの話か?」「昼飯くらい食べに寄るだろ」などといった感想が多く出る事になった。

  • 消防車でうどん店はマズイ?(写真はイメージ)
    消防車でうどん店はマズイ?(写真はイメージ)

市消防本部「市民に申し訳ない」

   中日新聞のウエブ版(2017年4月26日配信)によれば、50代の分団長を含む男性団員7人が、制服姿のまま消防車で市内のうどん店に行き、昼食を取っていた。4月16日(日曜)の朝から市の消防本部で「消防操法大会」の説明会があり、その帰りに、25分団あるうちの1分団の7人がうどん店に立ち寄った。分団長は「次の予定があり、このタイミングで昼食を取るしかなかった。軽率だった」と話し、同本部は「消防車を交通手段として使っており、適切ではない。市民に申し訳ない」とコメントした、という内容だ。

   この記事に対してネットでは、消防団というのは職業を別に持つ市民ボランティアで作られていて、日曜の仕事終了後に昼食を取るのは問題はないし、「新聞が取り上げるほどの話か?」といった疑問が噴出し、

「お疲れ様ご苦労様で済む話だよ」
「団員の立場から言わせてもらえば、ちと帰り道に飯屋寄った位で文句言われる位ならもう消防団なんて解体しよーよ。消防団無くなれば困るやつより喜ぶやつの方が多いんだし」
「普通に公務員でも公務に公用車で出かけた先で昼飯くらい食べるだろ」
「着替えて飯くってる間に火事起きたらどうするの?おれは逆にエライとおもうが」

などといった感想が多く出た。

   「消防団」というのは、各市町村が消防組織法に基づいて設置している。消防庁のHPによれば、全国の消防団数は2200で、86万人が従事し、その73%が会社員(サラリーマン)だ。常勤の消防職員とは異なり、火災や大規模災害発生時に自宅や職場から現場へ駆けつけ消火活動や救助活動を行う非常勤特別職の地方公務員、となっている。基本的にはボランティアだが報酬もあり、年額で数万円程度。災害活動または訓練に出動した際の手当は1回あたり数千円程度が支給される。

「悪い事なのか?」という議論はずっとあった

   J-CASTニュースが4月27日、一宮市消防本部に取材したところ、16日夜に写真付きでうどん店に消防車があった、という抗議のメールが来た。同じような内容のメールがメディアにも送られていたため取材があり、あのような記事になった、と明かした。消防車は各消防分団に格納されていて、火災や災害時、今回の説明会がある時などに団員が乗って現場に向かい、そして帰って行く。その帰りに食事をしたり、コンビニで買い物をしたりすることが悪い事なのか、という議論はずっとあったが、

「公用車を私的に使用しているのではないのか、という誤解を生まないために配慮するようにとの注意はしてきた」

という。そして、

「記事に『制服』とありますが、あれは団員専用の作業着です。それを知っている人やご近所の方なら『お疲れ様』となる場合もありますが、不快に思われる人がいるというのも事実なのです」

と、全団員に対し、消防車でお店などには寄らないように厳しく注意を促すと担当者は話していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中