鹿児島県曽於市、ふるさと納税返礼にキャンピングカー 総務省通達に「知名度上がった。続けたいが...」

印刷

   鹿児島県曽於(そお)市が、ふるさと納税500万円以上の寄付者を対象に1台約300万円のキャンピングカー5台を用意し、2017年5月1日から受け付けていたが、19日までに5件の申し込みがあり終了した。

   同市は16年度から返礼品にキャンピングカーを用意して寄付を募り一躍話題となった。通常なら注文から1年待ちという人気車種で、地元企業の技術力のアピールでもあったが、総務省が17年4月に高額な返礼品は控えるよう全国の自治体に通知したため、18年度は用意できるか分からない。「曽於という市がある、と知られ始めたのに・・・」と市の担当者は寂しげだ。

  • 告知はふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」で行われた(写真は『ふるさとチョイス』HPより)
    告知はふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」で行われた(写真は『ふるさとチョイス』HPより)
  • 「ものづくり日本大賞」で九州経済産業局長賞を受賞(写真は曽於市提供)
    「ものづくり日本大賞」で九州経済産業局長賞を受賞(写真は曽於市提供)

「曽於は『そお』って読むんですね」

   このキャンピングカーは市内に本社のある自動車改装会社「バンショップミカミ」が軽トラックを改造した「テントむし」という車種で、機能やデザインの良さで人気が高い。2012年の「ものづくり日本大賞」で九州経済産業局長賞を受賞している。J-CASTニュースが17年5月22日に市の商工観光課に取材したところ、ふるさと納税の返礼品が注目されニュースになっていることから、地元企業の技術力と、市のアピールに繋がればと16年度からこのキャンピングカーを返礼品に加えた。500万円以上の寄付者を対象に先着順で3台用意したところ、1日半で申し込みが終了した。今年度も同じ条件で5台用意し、19日までに終了した。

   返礼品がキャンピングカーということがニュースになり、市の担当者は、

「曽於は『そお』って読むんですね、曽於がどこにあるか初めて知りました、といったメールも寄せられ、市としましてはPRにつながったと喜んでいたのですが・・・」

と落胆した声で語った。

総務省「寄付額の3割まで」

   総務省は17年4月1日付けで全国の自治体に対し、返礼品の見直しをするよう要請した。これまでは1万円の寄付に対し平均約4000円分を贈っているが、これを3000円以下に抑えるよう求めたのだ。15年度は全国で1653億円の寄付が集まっているが、自治体は豪華な返礼品を競ってそろえるようになっているため、十分なお金が住民サービスに回りにくくなっている、という懸念だ。

   キャンピングカーを返礼品にしている曽於市に対する批判も出たが、16年にミカミに5台発注していていたため、17年度は中止するわけにはいかなかったという。担当者は、

「高額な返礼品の弊害が指摘されていますが、市にとっては知名度が上がったり、地元企業の技術力が知られるなど良いことが多かったんです。来年度はキャンピングカーを返礼品にできるかは未定です。でも、できれば続けていければと思っているんです」

と話していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中