2019年 1月 16日 (水)

ファイザー、市民団体に助成金 中堅世代を対象に最大300万円

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ファイザー(東京都渋谷区)は2000年から毎年募集を行っている市民団体助成プログラム、「ファイザープログラム~心とからだのヘルスケアに関する市民活動支援」を今年も実施している。

   応募期間は2017年6 月5 日から16日まで。

非営利団体に300万円を助成

   ファイザーのプレスリリースによると、同プログラムは、「心とからだのヘルスケア」の領域で活躍する市民団体を支援することを目的としており、医療や福祉だけでなく就労支援など社会参加活動も含まれる。

   助成の対象となる具体的なプロジェクト内容は、子育てや仕事、家族介護など社会において様々な役割を担っている中堅世代(30~50歳代)の人々や、疾病、障害、貧困、差別などにより社会参加が困難な中堅世代が、いずれも充実した社会生活を実現できるような取り組み。対象に個人は含まれず、2 年以上の活動実績がある民間の非営利団体であることが条件となる。助成額は1 件あたり上限 300 万円で、今年度の総額は 1500 万円を予定しているという。

   応募にあたっては同社のウェブサイトから応募用紙と応募企画書をダウンロードし、プログラム事務局まで郵送する。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中