2018年 11月 14日 (水)

難病ALSに治療薬候補 iPS細胞使い発見

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   随意運動を調整する神経が死滅し、全身の筋肉が低下して動かなくなる難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」について、京都大学の研究グループは、人工多能性幹細胞(iPS細胞)で神経細胞を再現し、細胞死を抑える薬を発見したと明らかにした。

   同大iPS細胞研究所の井上治久教授(神経内科)らが2017年4月24 日付で、米医学誌Science Translational Medicine(サイエンス・トランスレーショナル・メディスン)で発表したもの。ALSは指定難病で根本的な治療法が見つかっていない。

  • 京大グループのALS治療薬候補発見の論文を掲載したScience Translational Medicineのウェブサイト
    京大グループのALS治療薬候補発見の論文を掲載したScience Translational Medicineのウェブサイト

京大研究グループ、米医学誌に成果発表

   井上教授らは、ALS患者の皮膚からつくったiPS細胞を使い運動神経細胞を再現。白血病の治療薬が細胞死を抑制する効果を持つことを突き止めた。マウスの実験で確認した。

   ALSは脳が筋肉に指令を伝える神経細胞「運動ニューロン」が変性し消失して発症する。再現したALS患者の運動神経細胞を分析すると、健康な人と比べ、異常なたんぱく質が蓄積し、細胞死しやすいことが分かった。

   そしてこの再現した神経細胞を使い、細胞死を抑える薬を見つけるため1416種類の化合物を調べ、このうち27種類で細胞死を抑制する効果を確認。さらにそのうちから、慢性骨髄性白血病の治療薬である「ボスチニブ」が、細胞が持つ細胞内のたんぱく質を分解するための仕組みの一つ「オートファジー(自食)」を促進し、異常なたんぱく質を減らすことを確認した。

   ALSのマウスにボスチニブを投与して効果を観察したところ、発症を遅らせ生存期間が延長した。

国内約9000人の患者、5%が家族性

   ALSでは、運動神経の細胞死が脊髄で起き、進行すると呼吸も困難になる。国内には約9000人患者がいるとされ、患者の約5%は血縁関係に患者がいる家族性ALS。家族内発症の一部では遺伝子異常が見つかっている。今回の研究では家族性ALS患者の皮膚から作ったiPS細胞が使われた。

   ALSは50代での発症が多く、手足に力が入らなくなり筋肉がやせてくる。力が入らない症状は徐々に全身に広がり、口やのどの筋肉に及ぶとうまくしゃべれなくなる。原因についてはいくつかの学説があるがはっきりしていない。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
【プレゼント企画実施中】秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中