アダルト業界、驚異のフットワーク 新作女優は「てるみクラブ」被害者の触れ込み

印刷

   格安旅行会社「てるみくらぶ」(東京・渋谷)が資金繰りの悪化で、一部利用客に航空券を発券できず、2017年3月27日に破産申請し、大きな社会問題となった。

   そんな記憶に新しい騒動が、思いもよらぬ分野でふたたび注目を集めている。

  • 騒動前のてるみクラブのHP
    騒動前のてるみクラブのHP
  • 実際のパッケージ
    実際のパッケージ

「出費を穴埋めすべく今回限りの出演を...」

   熱い視線が注がれているのは、アダルトビデオメーカー「マキシング」(東京・渋谷)が17年6月16日に発売するこんな作品だ。 

『新人 三浦加鈴~て●みくらぶツアー参加者(Hカップ巨乳24歳)が海外から自力で帰ってきた! 貯金がなくなってしまったので帰国早々1本限りのAVデビュー! !』(原文ママ)

   「てるみクラブ」をめぐっては、被害者約9万人の旅行代金のうち日本旅行業協会を通じた弁済率はわずか1%程度にとどまるなど、旅行者に大きな経済的被害を与えた。

   ビデオのタイトルは、会社名が一部伏せ字になっているが、今回の騒動となった「てるみクラブ」を連想させる。三浦加鈴(かりん)さんもそんな被害者の一人という触れ込みだ。

   ビデオのパッケージの説明によると、「て●みクラブ」の海外旅行ツアーに参加中、さきのトラブルに巻き込まれ、「突然のホテルキャンセル」「現金一括で支払ったツアー代の蒸発」「度重なる追加の渡航費用」...。その出費を穴埋めすべく今回限りの出演を決めたとしている。

   商品説明文では、

「今回の体験をきっかけに今まで一度も考えた事がなかった将来、旅行好きの彼女は未来を見据えた末にAVデビューを選択する」

と、資金面以外での出演理由も明かしている。

「瞬発力やべぇな」

   ただ、三浦さんが本当に「てるみクラブ」の被害者なのかどうかは、はっきりしない。J-CASTニュースは25日昼から複数回、マキシング社に(1)三浦さんがてるみクラブの被害者というのは事実か(2)制作スケジュール(3)三浦さんの今後の進路――などを問い合わせているが、広報担当者が不在として26日夕まで回答は無い。

   それでも、事件から3か月足らずでのAV作品の発売という早さを受けて、ツイッターやネットの掲示板では、

「瞬発力やべぇな」
    「この仕事の早さすご」
    「AV業界のフットワークの良さは嫌いじゃない」

と、アダルト業界の対応の迅速さに感心する声が相次いでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中