2018年 11月 13日 (火)

アダルト業界、驚異のフットワーク 新作女優は「てるみクラブ」被害者の触れ込み

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   格安旅行会社「てるみくらぶ」(東京・渋谷)が資金繰りの悪化で、一部利用客に航空券を発券できず、2017年3月27日に破産申請し、大きな社会問題となった。

   そんな記憶に新しい騒動が、思いもよらぬ分野でふたたび注目を集めている。

  • 騒動前のてるみクラブのHP
    騒動前のてるみクラブのHP
  • 実際のパッケージ
    実際のパッケージ

「出費を穴埋めすべく今回限りの出演を...」

   熱い視線が注がれているのは、アダルトビデオメーカー「マキシング」(東京・渋谷)が17年6月16日に発売するこんな作品だ。 

『新人 三浦加鈴~て●みくらぶツアー参加者(Hカップ巨乳24歳)が海外から自力で帰ってきた! 貯金がなくなってしまったので帰国早々1本限りのAVデビュー! !』(原文ママ)

   「てるみクラブ」をめぐっては、被害者約9万人の旅行代金のうち日本旅行業協会を通じた弁済率はわずか1%程度にとどまるなど、旅行者に大きな経済的被害を与えた。

   ビデオのタイトルは、会社名が一部伏せ字になっているが、今回の騒動となった「てるみクラブ」を連想させる。三浦加鈴(かりん)さんもそんな被害者の一人という触れ込みだ。

   ビデオのパッケージの説明によると、「て●みクラブ」の海外旅行ツアーに参加中、さきのトラブルに巻き込まれ、「突然のホテルキャンセル」「現金一括で支払ったツアー代の蒸発」「度重なる追加の渡航費用」...。その出費を穴埋めすべく今回限りの出演を決めたとしている。

   商品説明文では、

「今回の体験をきっかけに今まで一度も考えた事がなかった将来、旅行好きの彼女は未来を見据えた末にAVデビューを選択する」

と、資金面以外での出演理由も明かしている。

「瞬発力やべぇな」

   ただ、三浦さんが本当に「てるみクラブ」の被害者なのかどうかは、はっきりしない。J-CASTニュースは25日昼から複数回、マキシング社に(1)三浦さんがてるみクラブの被害者というのは事実か(2)制作スケジュール(3)三浦さんの今後の進路――などを問い合わせているが、広報担当者が不在として26日夕まで回答は無い。

   それでも、事件から3か月足らずでのAV作品の発売という早さを受けて、ツイッターやネットの掲示板では、

「瞬発力やべぇな」
    「この仕事の早さすご」
    「AV業界のフットワークの良さは嫌いじゃない」

と、アダルト業界の対応の迅速さに感心する声が相次いでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
【プレゼント企画実施中】秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中