「読者モデルが1番生意気」おぎやはぎ小木がバッサリ! 

印刷
「正直その辺にいるレベルでしょ」
「クラスで2、3番目の可愛さ。1番可愛い子は読モとかやってないこと多い」
「読モなのにモデルよりプライドが高い」

など、ネット界隈ではイマイチ受けが悪い「読者モデル」。この読者モデルをめぐって、2017年5月29日放送の「おぎやはぎのブステレビ」(AbemaTV)で、議論が交わされた。

  • おぎやはぎ小木博明さん
    おぎやはぎ小木博明さん

「中途半端なヤツの方がうるさい」

   この日のテーマは「モデル風情のココがムカツク!」。読者モデルや、サロンモデルなど、モデルではないけど「モデルを気取っている女性」について、出演者たちが話し合った。

   たとえば、飲み会で出会った「天ぷらの衣をはいで中身だけ食べるモデル」について。その出演者は、「みんなは『プロ意識高いね』と、褒めていたんですけど意味分からないですよね。そんなの行儀悪いだけ」と、一蹴。

   また「モデルが飲んでいるというダイエットドリンク」について。ネットで見つけて買おうと思ったが約1万円という金額に、「これはちょっと買えない」としり込みした。「いい女がいいものを食べている(飲んでいる)のはムカツク」という言い分だ。

   ほかにも、「一緒に写メ撮ろうとしてもやたら演出をつけてくる。普通にピースサインすると文句つけてくる」「私はみんなと一緒アピールがすごい。『何でも食べてるの』『何もしていないの』と言う。みんなが『何もしていない』となぜ決めつけるんだ」といったモヤモヤが噴出した。

   MCの「おぎやはぎ」小木博明さんも、

「なんかプライド高い人多いよね。中途半端なヤツの方がうるさい」
「読者モデルが1番ナマイキ」
「読者モデルって違うよね。本当は『モデル読者』ってことでしょ? 理想の読者はこういう人ってことじゃないの?」

と、全否定。

   相方の矢作兼さんも、「小木は1番嫌いだもんな、読者モデルが」と、応じた。

   さらに後半、スタジオに火をつけたのは、出演者のぱいぱいでか美さんの「ブスはピエロ」というエピソードだ。

   でか美さんは、サロンモデルをしていた知人と待ち合わせした時、新しい服を着て行ったが、それを見た彼女は、「それ『何で』買ったんですか?」と、一言。「どこで買った」でもなく「なぜ買ってしまったのか」という否定にショックを受けたが、その時は雰囲気に刃向えず、ヘラヘラ笑いながら「そうだよね。何で買っちゃったんだろうね~」と返すのが精いっぱいだったという。

   「ブスはピエロ」というでか美さん。このエピソードを聞いた出演者からは、「本当のプロのモデルはそんなこと言わない」「むしろアドバイスをくれる」「『風情』は見下すことが目的だからそうなっちゃうんだ」という、「プロとの差」を説く意見が続いた。

現役読モ「批判的な意見は聞いたことがない」

   やはりというべきか、放送後は、

「要するにアマチュアモデルってことだもんな」
「読モって要するに事務所に囲われる程容姿やコネがないけど芸能人を諦めきれない人」
「中途半端にモテる奴ににてる。なんか一番たち悪い」

という、共感のコメントがまとめサイトなどで続いている。

   その一方で、「モデル業界のこと別に分からんけど、(中略)傍から見て性格悪いぐらいじゃないとやっていけない世界なんじゃないの?」「女は中途半端に可愛い子に嫉妬するんだよなぁ」と、彼女たちを擁護する意見も少なくはない。

   実際の「読モ」たちはどう思っているのだろうか。J-CASTニュースが、ファッション雑誌で専属の読者モデルを2年続けている都内在住のAさん(30代)に取材したところ、「そもそも批判的な意見は入ってきたことがない」と話す。

「SNSもブログもやっていますが、悪い意見は書かれたことがないですし、読モの友達からもそんなことは聞いたことがありません。嫌われている、という意識はないですね」

   Aさんは雑誌と専属で契約している読モだが、彼女のまわりは圧倒的にかわいい子ばかりで、モデルを気取ってアピールするような人はいないそうだ。

「読モにも自己顕示欲が強い子とそうでない子がいると思います。編集部から声をかけられて読モになった子と、どうしても読モになりたくて入り込んだ子とはやっぱり違うと思います」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中