山手線に2018年春から防犯カメラ JR東日本

印刷

   JR東日本は2017年6月6日、山手線の新型車両のE235系に18年春から順次防犯カメラを設置すると発表した。各車両に4台ずつ、ドア付近に設置する。

   痴漢や痴漢冤罪、線路への逃走事案などトラブルが相次いていることを受け、カメラ設置で防犯レベルを向上させたい考え。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中