ベライゾン、米ヤフーを買収完了 新会社「オース」設立へ

印刷

   米通信大手のベライゾン・コミュニケーションズは2017年6月13日(現地時間)、米ヤフーのインターネット事業の買収手続きを完了したと発表した。

   これによりヤフーは、ベライゾンの傘下「AOL」と統合され、新会社「オース」が設立される。AOLは、「HuffPost」「TechCrunch」など50以上のニュースメディアを運営し、月間利用者数は合計10億人を超す。今回の統合により、ヤフーが持つ広告配信や検索エンジン技術がAOLに加わる形となり、巨大メディア・コングロマリット(複合体)が誕生する。一方で、ネットに一時代を築いた企業としてのヤフーは、ヤフージャパンなどの株式を管理する持株会社となる。

   オースの最高経営責任者(CEO)となるティム・アームストロング氏は、

「強力なテクノロジー、信頼できるコンテンツ、差別化されたデータを使用して、ブランドの未来を構築していきます」

とコメントした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中