2018年 9月 23日 (日)

コール元ドイツ首相死去、87歳 東西ドイツ統一を実現

印刷

   東西に分裂していたドイツを統一に導いたドイツのヘルムート・コール元首相が、2017年6月16日、死去した。87歳だった。海外メディアが報じ、与党キリスト教民主同盟(CDU)も公式ツイッターで哀悼の意を伝えている。

   1989年のベルリンの壁崩壊後、1年足らずで東西統一を成し遂げ、ドイツ連邦共和国の初代首相となった。また、ミッテラン仏大統領(当時)とともに欧州単一通貨ユーロの導入を推進し、欧州統合にも尽力した。

   首相退任後に党への不正献金疑惑が発覚し、2002年に政界を引退していた。

  • WIKIMEDIA COMMONSより
    WIKIMEDIA COMMONSより
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中