自民・河村元官房長官、暴力報道の豊田氏擁護発言を撤回

印刷

   元政策秘書に暴力をふるい、暴言を浴びせたと「週刊新潮」(2017年6月29日号)に報じられた自民党の豊田真由子衆院議員(埼玉4区)が離党届を提出した。自民党の河村建夫元官房長官は2017年6月22日、「あんな男の代議士なんかいっぱいいる」「かわいそうだ」と述べた。

   河村氏はその後、フェイスブックで「一部私の不用意な発言が、要らぬ誤解をうみ」と書き込み、「こちらの場を借りまして訂正をし、発言を取り消しさせていただきます」(原文ママ)と発言を撤回した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中