東京都が「時差ビズ」スタート オフピーク通勤で混雑緩和狙う

印刷

   東京都は2017年7月11日、満員電車の混雑緩和のために混雑を避けて出勤したり、在宅での勤務を呼びかけたりする「時差ビズ」のキャンペーンを始めた。

   「時差ビズ」は、小池百合子都知事の「満員電車ゼロ」の公約をきっかけに取り組みがスタート。約260の自治体や企業が参加し、フレックスタイム制や自宅で働くテレワークなど、働き方改革を推進する。期間は25日まで。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中