2018年 11月 19日 (月)

松居一代ネタに「ラップバトル」 「勝手に話作って 被害者ヅラ...」ツイート次々

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   今やワイドショーに登場しない日のない、女優の松居一代さん(60)だが、そのツイッターで、奇妙な「文化」が生まれている。集まったユーザーたちが、松居さんそっちのけに、なぜか「ラップバトル」を繰り広げているのだ。

   2017年7月13日未明のツイートを見てみよう。いつもの鬼気迫る表情で、「痛快TV スカッとジャパン」(フジテレビ系)での発言カットについて恨み節を述べる動画が張り付けられている。

  • 松居さんツイッターに謎の文化が
    松居さんツイッターに謎の文化が

投稿からわずか3分後にはリリックが

   投稿のわずか3分後、リプライ(返信)欄に、夫の船越英一郎さん(56)の顔写真をアイコン画像にしたユーザーが出現する。

「(前略)あと使ってねーよ バイアグラ 勝手に話作って 被害者ヅラ 悪いのはお前 実際逆だ やれよ 一連の騒動の 後片付け 掃除名人じゃなく アホかマヌケ 収集つかなくなってんぞ」

   このラップ調の書き込みを合図に、他のユーザーも参戦、

「俺と一代はライン友達 船越とのバトルガチンコだし 人としての器アリンコ並み エイイチロウなのにええとこなし あーい?(後略)」

といった調子で、韻を踏んだ「リリック(歌詞)」を交互に投稿していく。

   こうしたラップバトルは、9日ごろから見られるようになり、その後は松居さんが何かつぶやくたびに、投稿の内容や松居さん、船越さんに関するネタを盛り込んだリリックが書き込まれている。松居さんへの、あるいはユーザー同士での「ディス(悪口)」や、下ネタも多い。

   ほかの投稿をいくつか紹介すると、

「遂にやられたか 文春砲 船越派は100人中 95 いねーのか ガーディアン 似合わねーな 黒のカーディガン」
「頼みのブログが閉鎖状態 それよりヤバめなライムを頂戴」
「お前大好きだな週刊誌 オレは今お前のライムを見るのが習慣に、なってて疲れたから欲しいわ休肝日」

最強ラッパーは「MC松居一代」?

   このバトルは人気番組「フリースタイルダンジョン」(テレビ朝日系)をもじって、「フリースタイルマツジョン」と呼ばれている。元々はデジタルクリエーターのTehuさんら、複数の有名人のアカウントで行われていたものが、松居さんのリプライ欄にも輸入された。

   有名人のアカウントをネタにしたこうした書き込みとしては、お笑い芸人のコウメ太夫さんのものが有名だ。コウメ太夫さんはツイッターに毎日ネタを書き込んでいるのだが、そのリプライ欄には毎回、やたらに辛辣な採点や批評、各国語への翻訳などが多量に書き込まれるのが恒例行事となっている。コウメ太夫さんのアカウントでもラップバトルは開催されており、こちらは「フリースタイルコウメジョン」だ。

   なお、「フリースタイルマツジョン」の後には、ツイッターのアンケート機能を使って、バトルの勝者を決める「ジャッジ」が行われる。候補にはなぜか、松居さん本人こと「MC松居一代」も入っており、ほぼ毎回、松居さんが完勝するのが「お約束」となっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中