2018年 11月 19日 (月)

「ガチゲーマー」な女流棋士の一日 スプラトゥーン2を××時間も...

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   人気女流棋士・藤田綾さん(30・女流二段)の「オフの過ごし方」が、インターネット上でにわかに注目を集めている。将棋中継で紹介された休日のスケジュールが、プロゲーマーも顔負けの「テレビゲーム三昧」だったためだ。

   起床後にゲーム。昼食休憩をはさんで、またゲーム。さらに、就寝前にも再びゲーム......。2017年7月25日放送のAbema TV「第58期王位戦」中継で紹介された藤田さんの休日は、こんな具合だった。

  • ゲーマーも裸足で逃げ出す?藤田さんの休日スケジュール(画像はAbema TV公式ツイッターの投稿より)
    ゲーマーも裸足で逃げ出す?藤田さんの休日スケジュール(画像はAbema TV公式ツイッターの投稿より)

「廃ゲーマーすぎないですか」

   羽生善治王位に菅井竜也七段が挑戦する今季の「王位戦」。25日に行われた第二局の模様はAbema TVで中継され、藤田さんは解説の「聞き手」役で出演した。

   この中継では、解説や聞き手として出演したプロ棋士の日常生活を紹介するコーナーが放送された。そこで取り上げられた藤田さんの「休日のタイムスケジュール」は、次のようなものだった。

   朝9時に起床。朝食を食べながらネットサーフィンをし、10時から将棋番組を見ながら「Nintendo Switch」の人気対戦ゲーム「スプラトゥーン2」で遊ぶ。13時に昼食休憩を取り、その後14時から19時まで再び「スプラトゥーン2」に没頭。夕食、入浴を終えた後、またもやコントローラーを握り、21時から23時まで「スプラトゥーン2」をプレーし、24時に就寝。

   前日の睡眠前にも1時間オンラインカードゲーム「シャドウバース」をプレーしており、この日ゲームに費やしたのはトータルでなんと「11時間」。睡眠や食事の時間を除くと、ほぼすべての時間コントローラーを握っていたことになる。

   ほとんど将棋要素のない(一応、ゲームをしながら将棋番組を見る時間はあったが)藤田さんの休日の過ごし方は、インターネット上でにわかに注目を集め、ツイッターやネット掲示板には、

「ゲームしかしてないww」
「もうこれ将棋じゃなくてスプラトゥーンのプロだろ」
「藤田女流廃ゲーマーすぎないですかねえ...」
「むしろスプラトゥーンのプロが、息抜きで将棋指しているというのが正解のレベル」

といったツッコミが相次ぐことになった。

前作の「ウデマエ」は最高ランクのS+

   あまりの反響の大きさを受け、藤田さんは7月25日夕に更新したツイッターで「なんかすごいことになってるんですが」「今度から真面目に書きます...」と反応。続けて翌26日には、

「毎休日がこうなわけではないです...というかこれくらいやったのは初めてです...」

としていた。

   収録に立ち会っていたというプロ棋士の野月浩貴八段がツイッターで明かしたところによれば、藤田さんが一日中ゲームに興じたのは7月23日のこと。藤田さんが前日に将棋のマイナビ女子オープンの予選決勝で勝利し、本選出場を決めたことの「ご褒美」としてゲーム三昧の休日にしたのだという。

   そのほか、藤田さんの休日の過ごし方については、将棋好きで知られるタレントのつるの剛士さんもツイッターで「爆笑!先生スプラトゥーンやりすぎ」と本人に直接リプライ(返信)する形で反応している。

   つるのさんが続けて「うちの息子と変わらん!」と冗談を飛ばすと、藤田さんは、

「え、やってるんですか?!今度一緒にやりたいです」

と返していた。

 

   ちなみに藤田さんは、今回一日中プレーした「スプラトゥーン2」の前作にもハマっていたことで知られる。16年4月に開かれたイベント「ニコニコ超会議」では、スプラトゥーンのブースにゲストとして出演し、一般のプレーヤーとステージ上で対戦した。

   また、ツイッターの自己紹介欄でも、「女流棋士」という肩書に並ぶ形で、ゲーム内でプレイヤーの強さを表す「ウデマエ」が前作は最高ランクのS+だったことをアピールしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中