2018年 11月 14日 (水)

「インスタ映え」の暴走 IKEAでカートに乗るJKが増殖中

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   スウェーデン発の家具量販店「IKEA(イケア)」がフォトスポット化している――。インターネット上では少し前からこんな指摘がよく見られるようになった。主に若い女性たちが中心となり、店内にあるルームセットや商品を使って「SNS映え」する写真を撮っている...という話なのだが、中でも最近になって注目されているのが「ショッピングカートに乗って写真を撮る」行為だ。

   実際にツイッター等で検索をかけると、女子高生くらいの女の子たちがカート内に土足で乗り込んでポーズをとっている写真が散見される。

  • デザイン性の高い家具がお手頃価格で手に入ることで人気の「IKEA」
    デザイン性の高い家具がお手頃価格で手に入ることで人気の「IKEA」

「カートに乗って走り回るのが1番楽しかった」

「カートに乗って走り回るのが1番楽しかったッッ笑」
「2人ともでかいカートに夢中 (笑) 」
「カートで遊びまくったね(笑)」
「大きいカートは外国観満載 写真いっぱい撮れたし楽しすぎるIKEA」

   SNS上では、IKEA店内でショッピングカートに乗りながら「はっちゃける」若い女性たちが、写真とともにこんな感想を投稿している。商品のぬいぐるみと一緒に乗っていたり、2人で小さくなって乗りこんでいたり、セルカ(自撮り)棒を駆使しながらカート内におさまってみたりと写り方はさまざまで、各々「SNS映え」するベストショットを模索しているようだ。

   「カートに乗りこむことが、どうしてSNS映えにつながるのか」という疑問を抱く人もいるかもしれないが、海外のファッション誌やミュージックビデオでは度々登場する設定でもある。若い女性たちの間では、ただ遊んで面白いというだけでなく「オシャレ」なイメージがあるようだ。

   IKEAのカートはスーパーなどで見かける一般的なものよりもサイズが大きいため、大人であっても乗ろうと思えば乗ることができてしまう。加えて「セルフサービスエリア」と呼ばれる組み立て前の家具が並ぶエリアは、大きな商品をのせたカートを動かせるように通路幅が広くなっており、人もそれほど多くないので、撮影には打ってつけなのだろう。実際、投稿された写真の多くは同エリアで撮影されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
【プレゼント企画実施中】秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中