「ビビるってコンビだったの?」 元相方のテレビ出演に、視聴者から驚きの声

印刷

   お笑いコンビ「ビビる」の元メンバーだった大内登さんが、2017年9月13日の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)に出演して、話題になっている。

   大内さんの相方は、現在ピン芸人として活動する、ビビる大木さん(42)。当時を知る人からは「懐かしい」といった反応が、コンビ時代を知らない視聴者からは「コンビだったの?」など驚く声が出ている。

  • 「水曜日のダウンタウン」公式サイト
    「水曜日のダウンタウン」公式サイト

コンビで「はっぱ隊」としても活動

   「ビビる」は1995年結成。コント番組「笑う犬」シリーズ(フジテレビ系)では、ウッチャンナンチャンの南原清隆さん、ネプチューンの3人とともに「はっぱ隊」として活動し、股間に葉っぱをあしらった露出度の高い衣装で、「YATTA!YATTA!(やった!やった!)」の掛け声とともに踊る姿が人気となった。しかし、02年に大内さんは芸能界を引退し、番組制作スタッフに転身。その後は、大木さんの出演番組にゲスト登場することはあるが、基本的に目立った活動はしていない。

   そんな大内さんが、17年9月13日の「水曜日のダウンタウン」に単独で出演した。コーナーのテーマは、「骨折経験調査で骨折『全身コンプリート』できるか?」。頭蓋骨骨折の経験者として、コンビ時代にスキー場でのロケ中に起きた事故を語った。なお、この事故では大木さんも背骨を折り、一時車いす生活を送っていた。

   コンビ当時を知る視聴者は、体験談を見て「懐かしい」などとツイートしている。一方で、かつてよりも体格がよく、ひげを生やした姿に驚く声もある。

「ビビる大内登まじか...面影ないわ」
「今あんな山男みたくなってんのか」
「ひげおじさんになってたけど、声と喋り方全然変わんないね。当然か」

ツイッターでは「今知った」「初めて知った」の声も

   大内さんの引退から15年経っていることもあり、「ビビる」が元々コンビだったと知らない、若い世代からの反応も目立つ。

「ビビる大木が元々コンビってことを今知った」
「ビビる大木の『ビビる』がコンビ名なこと初めて知った」
「てかビビる大木って元々コンビやったんかいという驚き」

   実際、「ビビる大木はピン芸人」と思っている人は多いようだ。16年6月8日の「1周回って知らない話」(日本テレビ系)では、「ビビる大木の『ビビる』って何?」をテーマに取り上げ、20代の87%、10代の100%が知らないと紹介していた。なお、そこで大木さんは、大内さんの近況について、「テレビの制作会社の社長になりました」と語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中