2018年 11月 18日 (日)

けもフレ、たつき監督が降板「カドカワ方面からのお達しみたい」 売れると主導権争い、の指摘が

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   人気アニメ「けものフレンズ」(けもフレ)で監督をつとめた「たつき」さんが、突如同アニメからの降板をツイッターで伝えた。たつきさんは同アニメの魅力を高めた最大の功労者の1人とされており、ツイッターで動揺が走った。

   たつきさんは「カドカワさん方面のお達しみたい」と、背景に何らかの動きがあったことを示唆している。

  • たつき監督が「けものフレンズ」アニメから外れるとツイートした(画像は同アニメのKADOKAWA特設サイト)
    たつき監督が「けものフレンズ」アニメから外れるとツイートした(画像は同アニメのKADOKAWA特設サイト)

「僕もとても残念です」

   たつきさんは2017年9月25日夜、ツイッターで唐突に報告した。

「突然ですが、けものフレンズのアニメから外れる事になりました。ざっくりカドカワさん方面よりのお達しみたいです。すみません、僕もとても残念です」

   「けもフレ」は、複数社が出資する「けものフレンズプロジェクト」による作品で、KADOKAWA(東京都千代田区)も出資会社に含まれる。1~3月に放映されたアニメは旋風を起こした。主要キャラ「サーバル」の「すっごーい!」といったセリフを筆頭に、「フレンズ語」がツイッターを中心に話題となった。明るいストーリー性だけで終わらず、謎を残して終幕したのもファンの間で想像をかき立てた。

   「けもフレ」自体はメディアミックス作品で、アニメ以前から存在していた。世に出たのは15年3月、スマートフォンアプリ版からだった。漫画版も「月刊少年エース」15年7月号~17年3月号の期間に連載された。だが、人気・知名度ともに大きな注目を集めていたわけではなく、アプリ版も16年12月に運営終了していた。

   そんな「けもフレ」を一大コンテンツに押し上げた功労者が、アニメ化にあたって監督をつとめたたつきさんだという見方が、ファンの間では強い。たつきさんはアニメ制作会社ヤオヨロズ(東京都中野区)に所属しており、同社がアニメ「けもフレ」の制作も担っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中