大谷「4番・投手」先発にネット騒然 「現実が漫画に追いついた」

印刷

   日本ハムの大谷翔平が2017年10月4日のオリックス戦で「4番・投手」として先発出場し、インターネット上でも衝撃が広がった。

   しかも大谷は4回終了まで安打・四死球を与えない完全試合ペース。その回の攻撃では自ら安打も放った。ツイッターでは「現実が漫画に追いついた瞬間である」といった声が続出。一方、今オフ後のメジャー挑戦を念頭に「もう日本では見納めなんだな」と寂しげな反応も。

  • 大谷翔平(2017年1月撮影)
    大谷翔平(2017年1月撮影)

4回までパーフェクトピッチング

   日本ハムにとって今季ペナントレースのホーム最終戦。すでにBクラス(4位以下)が決まりプレーオフ出場権はないが、あっと驚かせる布陣で臨んできた。

   大谷は4番を打つこと自体がプロ入り後初めて。日本ハムの公式ツイッターも4日の試合前、打順表の画像とともに「4番・ピッチャー 大谷翔平!!」と投稿した。4番が定位置の中田翔は3番に座っている。

   投打の分業が進んだ現代のプロ野球で、基本的に投手が4番をつとめるのは極めて稀。さらに大谷は、5回先頭のオリックス4番・マレーロに左前安打を許したものの、4回まで無安打・無四死球、7奪三振の完全試合ペースで試合を運んだ。

   今季の大谷は4月上旬に肉離れのため離脱し、6月下旬に打者で復帰。投手として試合に出られるようになったのは7月中旬からだった。それも打者なら指名打者(DH)としての出場で、投打ともにつとめる「リアル二刀流」はこの試合が今季初めて。

「これが大谷翔平の日本ラスト登板かと思うと...」

   高校野球のヒーローのような起用を目の当たりにしたファンはツイッターで興奮している。

「4番ピッチャー、どちらも活躍中。ほんと夢の世界」
「すごい。普段は少年野球とかでしか聞かない。高校野球ですら強豪校となるとなかなか無いのに」
「現実が漫画に追いついた瞬間である」
「『エースで4番』は高校野球までと思っていたが。。。大谷はまさに規格外だな」

   一方、大谷は今季のオフで米メジャー挑戦の公算が高いため、

「もう日本では見納めなんだな」
「これが大谷翔平の日本ラスト登板かと思うと寂しくなってきた」

との声も漏れていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中