坂上忍、あおり運転を告白 「男で若い頃だったら、何回かやったことある」 中尾彬「私も」

印刷

   このところ、ワイドショーで連日取り上げられている「あおり運転」問題について、「バイキング」(フジテレビ系)のMCを務める坂上忍さん(50)が自身も経験があると告白した。

   2017年10月19日の放送では全国各地で相次いでいる交通トラブルを特集。割り込みや追い越しなどに腹を立てて報復行動に出る人々=ロードレイジ(怒れる運転手)を紹介した。

  • 坂上忍さん(J-CASTニュース撮影)
    坂上忍さん(J-CASTニュース撮影)

「『何だこの野郎!』とかって運転しちゃった時もあった」

   そこで番組では神奈川・大黒パーキングエリアでドライバー36人に「あおり運転をした事があるか」について質問。すると、軽度のパッシングやクラクションなども含め、「ある」が47%、「ない」が53%という結果になった。

   これを受け、坂上さんは

「正直に言ったら、男で若い頃だったら、1度や2度...何回かやったことあると思います」

とコメント。さらには

「僕もやっぱ、若い時はカチンときて『何だこの野郎!』とかって運転しちゃった時もあったし」

として、過去のあおり運転の経験を明かした。

   話を振られたコメンテーターの中尾彬さん(75)も「私も経験ありますよ。やっぱり(あおり運転は)やりますよね」とこれに理解を示す。

   坂上さんは

「みんなそうですよね。やっぱり格好付けて運転してて、荒い運転しちゃって、でも怖い思いをしたり、人に迷惑をかけたりして、どんどんどんどん角が取れていくわけですから」

と結論づけた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中