日産、全車両の出荷停止 再点検・リコール対象3万台超

印刷

   国土交通省による立ち入り検査で不正が指摘されていた日産自動車は、日本国内全6工場で生産している国内市場向けの全車両について、出荷の停止を2017年10月19日までに決定した。同日、日産の公式サイト上に発表文を掲載した。

   発表によると、再発防止策を講じた後も、複数の工場で無資格の作業員によって完成検査の一部が行われていた。これにより、17年9月20日から10月18日までに製造された約3万4000台の再点検及びリコールの届け出を検討するとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中