因縁の地・秋葉原での「安倍晋三コール」 「反安倍」入り乱れ騒然のなか「駅前でアルシンドコール巻き起こって‥」

印刷

   群衆のどこからともなく「安倍晋三」と連呼するコールが湧き上がった。安倍総裁が2017年10月21日、JR秋葉原駅前で衆院選前最後の応援演説を終えた直後のことだ。

   駅前に集まったのは、目視でざっと1000人は下らなかった。秋葉原は3か月前の都議選で「安倍辞めろ」コールを浴び、安倍氏が「こんな人たち」と発言して物議を醸した因縁の地。野党支持者も入り乱れ、騒然とする中、なぜか「アルシンドコール」が聞こえた、との声も相次いだ。

  • 安倍晋三・自民党総裁(2017年10月7日撮影)
    安倍晋三・自民党総裁(2017年10月7日撮影)
  • 10月21日夜のJR秋葉原駅前。写真中央で白く光る選挙カーの上に、安倍氏らが立っている
    10月21日夜のJR秋葉原駅前。写真中央で白く光る選挙カーの上に、安倍氏らが立っている

演説終了直後に湧いた「安倍晋三コール」

   安倍氏が秋葉原に到着したのは21日19時30分ごろ。同時に駆けつけた麻生太郎氏に続いてマイクを握った。

   「安倍総理頑張れ」といった声が飛んだほか、多くの聴衆が手に持つ日の丸の旗を見て「それ、どこでもらえるんですか?」と尋ねる支持者もいた。「負けるな安倍総理」と書かれた巨大な横断幕も目に入った。

   一方、「森友と加計の説明してみろ」と吐き捨てる「反安倍」派も少なくなかった。安倍氏が旧民主党政権の話を持ち出したシーンでは、「この5年よりマシだったよ」と嘲笑する声も聞こえた。

   そうして与野党双方の支持者が詰めかけた秋葉原で、安倍氏が演説を終えた直後に起きたのが「安倍晋三」のコール。「頑張ろう」三唱のため一時止まったが、自民党関係者全員が選挙カーをおりた後で、もう一度「安倍晋三」のコールが湧き、しばらく続いた。

この日はちょうどアルシンドの誕生日だった

   秋葉原は7月の都議選前最後の演説で「安倍辞めろ」コールが起きた。そのため今回の秋葉原演説を「リベンジ」ととらえるメディアもある。こうしたことからツイッター上でも「安倍晋三コール」は賛否含めて反響が広がった。

「『安倍晋三コール』『安倍総理ガンバレ』の声援で妨害の連中を黙らせれた。秋葉原に集まった支持者のみなさんお疲れまでした」
「最後の安倍晋三コールには感動しました」
「自民全面支持じゃないんで、ちょっと引く」
「かなり物々しい空気になってきました...」

   一方、音便が似通っているためか、こんな報告も続々あがることになった。

「秋葉原聴衆『アルシンド!アルシンド!アルシンド!アルシンド!』」
「安倍総理演説会場。アルシンド、アルシンドってきこえるな」
「『アルシンド!』に聞こえた」
「『安倍晋三』コールがだんだん『アルシンド』に聞こえてくる」
「駅前でアルシンドコール巻き起こってて何かと思ったら安倍晋三コールだった」

   日本で有名な「アルシンド」と言えば、草創期のサッカーJリーグで活躍したブラジル人FWのアルシンド・サルトーリ氏。鹿島アントラーズやヴェルディ川崎の黄金期を支え、テレビCMにも出演して人気を博した。偶然にも、安倍氏が演説した10月21日はアルシンド氏の50回目の誕生日だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中