トヨタの新型タクシー「JPN TAXI」 「東京五輪」見据えた仕様に

印刷

   トヨタ自動車は2017年10月23日、新型タクシー専用車「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」を発売した。トヨタがタクシー専用車を売り出すのは、セダン型の「コンフォート」以来22年ぶり。

「JPN TAXI」(画像は、プレスリリースから)
「JPN TAXI」(画像は、プレスリリースから)

月1000台の販売を目指す

   2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて開発した新型車だ。子どもや高齢者、車いすの利用者、高身長の外国人観光客などにも乗りやすいユニバーサルデザインで、これまでのセダン型と比べ、車高を高く床を低くして、車内の空間を広くした。車体の色は、藍色をメインカラーとし、日本流の「おもてなし」を表現した。

   液化石油ガス(LPG)のハイブリッドシステムを採用し、従来車と比べ燃費を約2倍に改善した。価格はコンフォートより100万円以上高い300万円台で、月1000台の販売を目指す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中