2018年 11月 18日 (日)

松居一代、「いい夫婦の日」受賞歴明かす 「なつかしや...いい夫婦」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   11月22日は語呂合わせで「いい夫婦の日」。2017年の「パートナー・オブ・ザ・イヤー」には、西川きよしさん・西川ヘレンさん、中山秀征さん・白城あやかさん両夫妻が選ばれた。

   松居一代さん(60)は同日ブログで受賞経験を明かし、「なつかしや...いい夫婦」と過去を振り返った。

  • 松居一代さんも2006年に受賞(画像はブログより)
    松居一代さんも2006年に受賞(画像はブログより)

あの元夫妻も受賞

   夫の船越英一郎さん(57)とは現在離婚調停中だが、かつては芸能界きってのおしどり夫婦として知られ、2006年に理想の有名人夫婦に贈られる「パートナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

   松居さんは「ごめんなさいねぇ...」と、「いい夫婦」でなくなってしまったことを詫び、

「誠に 人生は... どうなるかわかりませんね 絶対に添い遂げると 確信していたんですがねぇ」

とつづった。当時は船越さんを「日本を代表する俳優にのし上げたい」「なによりも主役を張らせたい」と、命を懸けるほどの意気込みがあったという。

   ところが現在は、船越さん所属の芸能事務所・ホリプロから名誉毀損で訴えられる始末。

「しかし... まあ... 生きていますと なにが起きるかわかりませんね でも、 今は...前を向いて 歩くのみです」

と実感のこもったコメントを記した。

   なお、2010年には高橋ジョージさんと三船美佳さん元夫妻も同賞を受賞している。しかし2016年3月に離婚が成立したため、現在は公式サイトから情報が外されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中