2019年 1月 20日 (日)

松居一代、「いい夫婦の日」受賞歴明かす 「なつかしや...いい夫婦」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   11月22日は語呂合わせで「いい夫婦の日」。2017年の「パートナー・オブ・ザ・イヤー」には、西川きよしさん・西川ヘレンさん、中山秀征さん・白城あやかさん両夫妻が選ばれた。

   松居一代さん(60)は同日ブログで受賞経験を明かし、「なつかしや...いい夫婦」と過去を振り返った。

  • 松居一代さんも2006年に受賞(画像はブログより)
    松居一代さんも2006年に受賞(画像はブログより)

あの元夫妻も受賞

   夫の船越英一郎さん(57)とは現在離婚調停中だが、かつては芸能界きってのおしどり夫婦として知られ、2006年に理想の有名人夫婦に贈られる「パートナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

   松居さんは「ごめんなさいねぇ...」と、「いい夫婦」でなくなってしまったことを詫び、

「誠に 人生は... どうなるかわかりませんね 絶対に添い遂げると 確信していたんですがねぇ」

とつづった。当時は船越さんを「日本を代表する俳優にのし上げたい」「なによりも主役を張らせたい」と、命を懸けるほどの意気込みがあったという。

   ところが現在は、船越さん所属の芸能事務所・ホリプロから名誉毀損で訴えられる始末。

「しかし... まあ... 生きていますと なにが起きるかわかりませんね でも、 今は...前を向いて 歩くのみです」

と実感のこもったコメントを記した。

   なお、2010年には高橋ジョージさんと三船美佳さん元夫妻も同賞を受賞している。しかし2016年3月に離婚が成立したため、現在は公式サイトから情報が外されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中