山尾議員の不倫疑惑「下品だと叩くことが下品」 須藤凜々花「恋をすることがそんなに...」

印刷

   AKB48グループの「選抜総選挙」開票イベントで結婚を宣言し、2017年8月にNMB48を卒業したタレントの須藤凜々花さん(21)が、山尾志桜里衆院議員(43)の不倫疑惑をめぐり、テレビ番組で持論を展開した。山尾氏に批判が相次いでいることについて「(不倫を)そういう下品なことだって叩くことが下品」と主張。

   この須藤さんの発言はネット上では炎上気味だ。だが、元参院議員の田嶋陽子さん(76)は、番組中で「そうだよ」などと須藤さんの発言に賛同していた。

  • 須藤凜々花さんは不倫を「下品だと叩くことが下品」だと主張した(2017年6月撮影)
    須藤凜々花さんは不倫を「下品だと叩くことが下品」だと主張した(2017年6月撮影)

唐突に挙手して「国会議員の方は風俗に行っちゃいけないんですか」

   一連の発言が出たのは、11月26日に放送された「そこまで言って委員会NP」(読売テレビ)。この日のテーマは「叩かれるオンナたち」で、ベッキーさん(33)や矢口真里さん(34)ら、不倫疑惑を報じられて激しい批判を浴び、仕事の面で大きくダメージを受けた事例が紹介された。その一例として、山尾氏の不倫相手だと指摘された倉持麟太郎弁護士(34)を政策顧問に起用する方針が報じられたことの是非に話題が移ると、出演者の多くが山尾氏による人事を疑問視する中、田嶋さんは「このまま強気で突っ走るなら突っ走れ、と思った」と山尾氏に理解を示した。そんな中で、須藤さんは唐突に挙手して「国会議員の方は風俗に行っちゃいけないんですか」と発言した。

   出演者が困惑気味に

「風俗は行って悪いということはない...」 「行くような人だということも含めて有権者が判断すること」

などと応じると、須藤さんは

「なんか女の人の風俗ってあんまりないじゃないですか?添い寝サービスとかはあるけど、結構そういうの調べるんですけど、そういう普通に、常識的に女の人が風俗に行くってイメージがないじゃないですか?でも女の人にだって性欲はあるじゃないですか?でも、こうやって国会議員の方も風俗に行く自由はあるわけで...」

などと持論を展開。

   田嶋さんが「そうだよ」と賛同の声を上げるなか、須藤さんは

「なんかその、恋をすることがそんなに...両方合意じゃないですか?不倫と言っても。だから、そういう下品なことだって叩くことが下品じゃないかなって」

と続けた。

婚約相手が不倫したら「私が殴るから他の人は殴らないで」

   経済ジャーナリストの須田慎一郎さん(56)が

「じゃあ、今度結婚される相手が、合意でそういった関係になっても許しちゃうわけ?」

   と疑問をぶつけると、須藤さんは

「うーん、まあ、そうなったら殴りますけど...」

と応じてスタジオを笑わせた。ただ、

「でも、それを他の人に叩かれたらムカつきます。私が殴るから他の人は殴らないで」

と続け、第三者は不倫を批判すべきではないとの考えを繰り返した。田嶋さんは

「2人の問題だもんね」

と加勢していた。

   ネット掲示板では

「須藤は営業でヲタに嘘をつき、山尾議員は国民に嘘をつき」

などと、「似たもの同士」といった指摘も出ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中