三菱マテ子会社の社長が降格 データ改ざん問題

印刷

   三菱マテリアル子会社の三菱電線工業は2017年12月1日、村田博昭社長(60)が取締役に降格する人事を発表した。後任は、三菱マテリアル執行役員の高柳喜弘氏(54)。検査データ改ざん問題を受けた更迭人事とみられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中