2018年 8月 19日 (日)

将棋の羽生善治、史上初の「永世7冠」達成 渡辺明竜王を破る

印刷

   将棋の羽生善治棋聖(47)が2017年12月5日、鹿児島県指宿市で行われた第30期竜王戦7番勝負の第5局で渡辺明竜王(33)を87手で破り、4勝1敗で15年ぶりに竜王位を獲得した。通算7期目で「永世竜王」の資格が与えられ、これで7大タイトルの永世称号を獲得する史上初の「永世7冠」を達成した。

   羽生棋聖は1995年に永世棋王、永世棋聖、96年に名誉王座、97年に永世王位、2006年に永世王将、08年に永世名人をそれぞれ獲得していた。この竜王位で、自身のもつ通算タイトル獲得数記録も「99期」に更新した。

   永世称号の条件はタイトルごとに異なり、竜王は「通算7期」または「連続5期」。17年に新設された「叡王戦」には永世称号の規定が設定されていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中