「こぶしファクトリー」脱退相次ぎ、ファン「もう耐えられんわ」 元メンバー「キス配信」疑惑も

印刷

   「もう耐えられんわマジで...」「どんだけヲタ達の傷をエグればいいんだよ」――。2017年12月6日、アイドルグループ「こぶしファクトリー」のファンから、こんな悲鳴のような書き込みがインターネット上に相次いで寄せられる騒ぎがあった。

   いったい、何があったのか。ファン達の報告によれば、3か月前にグループを脱退したばかりの小川麗奈さん(17)とみられる女性が同日夕、若い男性とキスをする動画をネット上で生配信したというのだ。

  • 元メンバーに「キス配信」疑惑浮上(写真はインターネット上に転載された動画より)
    元メンバーに「キス配信」疑惑浮上(写真はインターネット上に転載された動画より)

「本当にこれ以上はやめて」「もう耐えられん」

   小川さんは11年にハロー!プロジェクトの研修生となり、15年1月から「こぶしファクトリー」の一員として活動。しかし、17年9月に医師から不安神経症と診察されたとして活動を休止。その後、9月6日付けでグループを卒業、芸能界も引退していた。

   今回、グループのファンを大騒ぎさせたのは、小川さんとみられる女性が12月6日夕に「LINE LIVE」で配信したライブ動画だ。車の助手席に座る女性を固定カメラで撮影したもので、ときおり若い茶髪の男性が画面に姿を見せる。

   配信中には、この女性が茶髪の男性とキスを交わす場面が。さらに女性は、Tシャツの首元を大きく下に伸ばし、胸の谷間や下着を見せつけるような動きも見せていた。そのほか、女性の首や胸元にはキスマークのようにも見える赤い部分が複数あった。

   この女性は配信の中で、自らが元「こぶし」メンバーの小川さんだと認めていたわけではないようだ。しかし、目鼻立ちが本人と瓜二つで、あごのホクロの位置も一致していることや、配信者のIDが本人の愛称の「れなし」を英字にした「renashi」だったことから、ツイッターやネット掲示板には、

「れなこ(編注・小川さんのこと)推しだけどもう耐えられんわマジで...」
「えっちょっとそういう子だとは思わなかった...れなこ...」
「本当にこれ以上はやめて... ファンもメンバーもみんな裏切ってるよ」

といったファンの悲痛な書き込みが相次ぐことになった。

   なお、すでに問題の動画の配信および公開は終了しているが、複数の視聴者が配信内容の一部を保存・公開しており、上記したキスなどの場面は現時点でも確認できる。

「こぶし、ボロボロやないか、、、」

   こうした元メンバーをめぐる騒動から数時間後、動揺する「こぶし」ファンに追い打ちをかけるかのような出来事が起きた。所属事務所が6日夜、メンバーの田口夏実さん(17)を契約解除にしたことを発表したのだ。

   契約解除の理由については、ここ数か月の田口さんの行動が、

「こぶしファクトリー、ならびにハロー!プロジェクトのメンバーとして自覚と責任を欠くものであったと判断し、途中解約に至りました」

と説明している。なお今回の契約解除との関連は不明だが、田口さんをめぐっては、11月上旬に男性との「添い寝写真」がツイッター上に流出したとの噂があり、ファンの間で話題になっていた。

   これで同グループのメンバー脱退は、17年に入って3人目。9月にグループを卒業し、今回「キス配信」疑惑が浮上した小川さんのほか、7月にも藤井梨央さん(18)が事務所のルールに違反したとして契約解除とされていた。15年の結成以来8人で活動してきたグループは、立て続けの脱退で5人となった。

   田口さんの契約解除が発表されると、グループのファンからは、同日に起きた「キス配信」騒動と絡めて、ツイッターやネット掲示板に、

「こぶしのこの1年の転落ぶりはヲタの想定を越えてる」
「いっそ解散した方がいいんじゃないのか...」
「こぶし、ボロボロやないか、、、」

などとショックを受ける投稿が出ている。一方で、残った5人のメンバーについて「オタでもなんでもないけど応援したくなる」「ここが頑張りどころやで!踏ん張って」とのエールも出ていた。

   なお、所属事務所の公式サイトによれば、12月9日~10日には「こぶしファクトリーと過ごす1泊2日バスツアー」と題したグループのファンイベントが行われる予定だという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中