北朝鮮と一触即発の米軍に思わぬ敵 兵士の3分の2を病院送りにする怖いヤツ

印刷

   核ミサイル開発を進める北朝鮮との間で、一触即発の緊張が高まっている米軍。思わぬ大敵が獅子身中にいるようだ。それは、米軍兵士が吸うタバコ。

   米軍兵士が軍事訓練中に筋肉や骨格を負傷する事故が多発しているが、「喫煙も大きな原因のひとつ。すべての兵士は禁煙すべきだ」という研究を米陸軍医療センターのチームがまとめ、スポーツ医学誌「Medicine&Science in Sports&Exercise」(電子版)の2017年11月号に発表した。

  • 兵士の見えぬ敵はタバコだった(写真はイメージです
    兵士の見えぬ敵はタバコだった(写真はイメージです

軍事訓練中に筋肉断裂、骨折で負傷する兵士が続発

   同誌の論文によると、米国軍人の喫煙率は非常に高く、約35%だ。これは一般的な米国人の平均約19%の2倍に近い。軍事訓練中に筋肉断裂、ひざの関節骨折、大腿骨骨折、アキレス腱切断など筋肉や骨格を負傷する重症事故が後を絶たない。たとえば、陸軍の基礎訓練は入隊後8週間行なわれるが、期間中に少なくても男性兵士の3分の1、女性兵士の3分の2が負傷して、入院や外来診察の医療ケアを余儀なくされ、戦列から離れてしまう。訓練中のケガは米軍の戦力を揺るがす大問題なのだ。

   米陸軍医療センターのシェリー・ベドノ博士らは「異常に高い兵士の喫煙も、訓練中のケガを引き起こす原因になっているのではないか」と考えた。そこで、2016年10月までに世界中で発表された「喫煙と筋肉骨格に関する」論文計129件を分析した。うち18件の論文の信頼度が高いと判断して、米軍兵士の喫煙の強さと負傷事故に当てはめて検討した。

   その結果、やはりタバコを吸う頻度が高い兵士ほどケガをするリスクが高いことがわかった。具体的には次のとおりだ。

ヘビースモーカーがケガをするリスクは80%以上

(1)タバコを吸う兵士は吸わない兵士に比べ、男性兵士は31%、女性兵士は23%、ケガをするリスクが高い。
(2)喫煙の度合いをヘビースモーカーから1日に数本のライトスモーカーまでランク付けをすると、吸わない兵士に比べ、ヘビースモーカーのリスクは男性で84%、女性で56%も高くなる。
(3)喫煙年数が長いか短いかに関係なく、たった数か月間喫煙しているだけでも、リスクは増大する。

   こうした結果から、ベドノ博士は論文の中でこう警告した。

「兵士の筋肉骨格の負傷の原因には様々な理由が考えられます。ケガを予防するためには、訓練のオーバーワークをやめ疲労を回復させること、訓練の前後に入念なエクササイズとストレッチを行なうこと、心理的な不安を解消するカウンセリングなどが必要です。それと同程度に、全兵士ができるだけ早く禁煙をすることを提案します」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中