2019年 1月 21日 (月)

今年の漢字に「北」 ネット「キターーー!!」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2017年の世相を表す漢字一字が「北」に決まった。「漢字の日」である2017年12月12日、京都・清水寺の森清範貫主の揮毫によって発表された。

   「今年の漢字」は日本漢字能力検定協会が毎年年末に公募しているもので、今年は全国15万3594票の応募のうち、「北」が7104票(4.63%)を集めて最多得票となった。

  • 2017年「今年の漢字®」第1位「北」
主催・写真提供:(公財)日本漢字能力検定協会
    2017年「今年の漢字®」第1位「北」 主催・写真提供:(公財)日本漢字能力検定協会

「北朝鮮」の脅威のほかにも...

   発表によると、応募者が「北」を選んだ理由として、「『北』朝鮮ミサイル」「九州『北』部集中豪雨」「『北』海道産ジャガイモ不足」「『北』海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手、清宮幸太郎選手」「『キタ』サンブラックの活躍と引退」「葛飾『北』斎展覧会」などが挙げられた。10~80代まで幅広い世代が広く支持した。

   「今年の漢字」に「北」が選出されたことは、「なるほど」「納得できない」など賛否両論を呼んでいる。その一方で、ツイッターでは上述の理由に加えて独自の理由を投稿する人が多数現れている。

「キタ―――(゜∀゜)―――!!」
「北の国から」
「北関東の『北』ですね」
「北野武さんの北 北大路欣也さんの北 色々」
「今年の漢字は『堀北不足』の『北』に決定!」
「キタね~北山宏光の時代が」
「北野日奈子さんの休養ですかね」
「『北』条加蓮ですね、わかります」

といったように、著名人などの名前を挙げる人が多い。

   また、「北」という名字の人などからは、「選ばれましたありがとう(笑)」「複雑ですね」といった反応も寄せられている。

   2位以下には「政」「不」「核」などが選ばれた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中