2019年 1月 21日 (月)

北の意味は「にげる」「そむく」? 今年の漢字に「納得」する人たち

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   2017年の「今年の漢字」に選ばれた「北」をめぐり「なるほど」「納得できない」など賛否両論だ。

   主催者の漢字検定協会は「北朝鮮」「北部豪雨」などとその理由を挙げるが、「こじつけ」だとの声もあがる。ただ、「北」には「きた」以外にも「にげる」「そむく」などの意味がある。この点から、森友・加計問題で内閣支持率が下がった17年を表すのにふさわしい、と主張する人も出ている。

  • 「北」には「きた」以外の読み方もある(2017年「今年の漢字(R)」第1位「北」 主催・写真提供:(公財)日本漢字能力検定協会)
    「北」には「きた」以外の読み方もある(2017年「今年の漢字(R)」第1位「北」 主催・写真提供:(公財)日本漢字能力検定協会)

「理由のこじ付け、全部希薄」

   「今年の漢字」は日本漢字能力検定協会が毎年年末に公募しているもので、17年は全国15万3594票の応募のうち「北」が最も多い7104票(4.63%)を集めた。

   主催者の発表資料では、「北」の選出を

「『北』朝鮮ミサイルの『北』海道沖落下や九州『北』部豪雨などの災害から、平和と安全の尊さを実感した年。スポーツ界では、『北』海道日本ハムファイターズの選手に期待が集まり、「キタ」サンブラックが大活躍した」

と説明。これに異議を唱えたのがタレントの松尾貴史さん(57)だ。発表翌日の17年12月13日朝、ツイッターに

「『北』て何やねんな。理由のこじ付け、全部希薄。もっと、『逃』とか『隠』とか『操』とか『難』とかありますやんか」

と腑に落ちない様子だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中