2018年 5月 25日 (金)

クリスマス特番でマジ切れ「お前がやれよ!」 煽ったお笑いコンビに「ただのいじめ」「最悪」

印刷

   「私も人間なんで料理で精一杯の時に罵声を浴びせられるとさすがに切れます」。ライブ動画配信サイト「ニコニコ生放送(ニコ生)」のクリスマス特番で出演者の1人が激怒し、サイトを運営するドワンゴがお詫び文を公表する事態が起きた。

   きっかけは、お笑いコンビ「ニューヨーク」の2人による放送中の振る舞いだった。激怒した出演者は、冒頭のつぶやきの他、ニューヨークの2人とは「一言も話をしていません」とツイートしている。

  • お笑いコンビ「ニューヨーク」の嶋佐和也さん(左)と屋敷裕政さん(画像は吉本興業のウェブサイトから)
    お笑いコンビ「ニューヨーク」の嶋佐和也さん(左)と屋敷裕政さん(画像は吉本興業のウェブサイトから)

ニンジンの輪切りに「遅えええ!おっせぇ!」

   2017年12月23日にニコ生で放送された「【ニコめし】独りでも寂しくない!聖夜のクリスマス飯!!」は、その名の通りクリスマスイブを1人で過ごす人向けに、手軽に作れるレシピを紹介する番組。「ニコニコ動画」で料理動画を配信するユーザー「パンツマン」こと神崎嘉宏さんと、お笑いコンビ「ニューヨーク」、タレントの蒼井そらさんが出演し、MC・加藤純一さんのもと進行した。

   素朴な家庭料理の動画で人気を博す神崎さんは、オリジナルレシピを披露。はじめは「手抜きでいい加減で早くできる」「うちは適当」と冗談を交えるなど和やかな雰囲気だった。だが、キッチンに立つ神崎さんに、カウンターテーブルからニューヨークが次々にツッコミを入れていくと、徐々に様子が変わる。

   たとえば、ホワイトソースを作るシーンでは「(具材が)ケンカしてるじゃないすか」「何作ってんすか?」とツッコミ。タマネギを切っている時には、加藤さんが「お上手ですね」と言うと、ニューヨークは「そうでもないですよ?」「普通くらい」。神崎さんは「だから誰でもできる料理だって」と言ったが、2人は笑い声をあげて「キレた!」「キレたぞー!」と返した。

   そうして事が起きたのは番組開始から40分が過ぎた頃。神崎さんがニンジンを輪切りしていると、ニューヨークが「遅えええ!おっせぇ!」「おっそ!」とひたすらその切るスピードにツッコんだ。すると神崎さんは、「お前がやれよ!」と声をあげて怒り。手元の物を投げる様子に、ニューヨークの2人は「食べ物投げたぞ!」とさらに笑ってツッコミで応じた。その後、神崎さんはどこか浮かない表情も何度か見られた。

ドワンゴ、サイトで「お詫び」掲載

   こうしたやり取りに、放送中からツイッター上では「笑えない」といった投稿が相次ぎ、

「ニューヨークっていう芸人の煽りがあまりにひどかった。本当に何を考えているんだろう...。芸?酷すぎる」
「ニューヨークかなんか知らんが名前負けしてる芸人?は場を本当に不快にした!!あれは芸ではなく、ただのいじめだ」
「ただただパンツマンがかわいそうだったニコめし。ニューヨークとかいうやつ、そりゃあテレビでみねーよなと思ったわ」
「パンツマンのニコ生楽しみにしてたのに、ニューヨークとかいう芸人が台無しにしてて最悪だったわ」

とニューヨークへの批判が殺到。

   メンバーの嶋佐和也さんの最新24日のツイッターへの投稿には900件以上のリプライがつき、その大半が「視聴者を不快にすることでしか笑いを取れないと思っているなら芸人辞めてください」とニコ生の振る舞いを非難する内容となっている。相方の屋敷裕政さんの最新25日深夜のツイートにも「今回の件でガッカリしました」など250件超のリプライが届き、炎上状態となっている。

   ニコ生を運営するドワンゴは25日、公式サイトで「お詫び」文を公表。「2017年12月23日(土)に放送された、『【ニコめし】独りでも寂しくない!聖夜のクリスマス飯!!』番組内において、ご不快な思いをされたというご意見を多数頂戴いたしました。パンツマンさまをはじめ、出演者の皆さま、ご視聴されていた皆さまがご不快な思いをされたことについて、深くお詫びいたします」と謝罪し、「今後はこのようなことが無いよう、出演者さま、ご視聴者さまに楽しんでいただける番組作りを進めて参りたいと考えております」としている。

「収録後ニューヨークは、すく逃げて帰った」

   また、神崎さんも24日未明、自身のツイッターで

「生放送をご覧頂いた皆様放送中にぶちきれて申し訳ありませんでした。ニコニコ公式に出る機会を頂いてこのような結果で申し訳ありませんでした。 私も人間なんで料理で精一杯の時に罵声を浴びせられるとさすがに切れます」

と投稿。25日には「ニコニコ運営からは、謝罪をいただきました」と報告した。

   一方で「吉本興業(編注:ニューヨークの所属事務所)から謝罪ありませんでした。収録後ニューヨークは、すく逃げて帰った。一言も話をしてません。私は、1時過ぎまで皿洗いなどしてからかえりました」とも伝えた。放送終了は24日0時すぎだった。

   また、番組では、ニューヨークが蒼井さんに「経験人数どれくらい?」などと聞いたり、よりストレートに性的な言葉を使ったりする場面もあった。このような内容にも、神崎さんはツイッターで25日「あの芸人は土曜日の週録前に、蒼井さんには、Hな話をしないでください。とスタッフからいわれているのに酷いセクハラ発言でした。生放送の内容の約束が守れないのは、プロとしておかしいです」と嫌悪感を示していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中