2019年 11月 20日 (水)

白鵬の「張り手」に横審おとがめなし? 木村太郎苦言「注文つけないと」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   横綱白鵬が、横綱審議委員会(横審)の委員らの目の前で「張り手」を繰り出した。東京・国技館であった稽古総見でのことだ。

   横審は先日の会見で、白鵬の張り手に苦言を呈し、注意を促していた。総見出席の相撲関係者やテレビのコメンテーターからは、「けんかを売ってるのかな、横審に」「ここで(注意を)言わないとどうすんの、横審は」といった感想が出た。

  • 白鵬の張り手のおとがめなし?
    白鵬の張り手のおとがめなし?

「横綱相撲と言えない」など批判的な投書

   2018年1月14日に開幕する初場所を前にした稽古総見は5日に行われた。白鵬は、幕内の正代を相手に7番をとり全勝、6番目の土俵で「張り手」を出した。この様子は、「白鵬、横審の前で不評の張り手 解説者『不届き者だね』」(朝日新聞、ネット版)、「(略)正代圧倒も一番だけ張り手出た」(スポーツ報知、同)などと報じられた。

   朝日記事によると、稽古のあと、白鵬の張り手について、元横綱で相撲解説者の北の富士勝昭さんは「不届き者だね。あれだけ横審から注意されているのに。けんかを売っているのかな、横審に」と「ちゃめっ気を交えて」語った。一方、報知記事によると、横審の北村正任委員長からは、「『おとがめ』なし」で、「横綱相撲に及第点をつけていた」

   横審の北村委員長は、17年12月20日の臨時会合後の会見で、白鵬の張り手などの取り口の多さについて、「横綱相撲と言えない」など批判的な投書が多く寄せられていることを明かした。さらに、白鵬の自覚を促すよう相撲協会としても工夫、努力をして欲しい、とする意見も来ていることを紹介しながら、白鵬に注意を呼び掛けていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中