2018年 9月 20日 (木)

白鵬の「張り手」に横審おとがめなし? 木村太郎苦言「注文つけないと」

印刷

   横綱白鵬が、横綱審議委員会(横審)の委員らの目の前で「張り手」を繰り出した。東京・国技館であった稽古総見でのことだ。

   横審は先日の会見で、白鵬の張り手に苦言を呈し、注意を促していた。総見出席の相撲関係者やテレビのコメンテーターからは、「けんかを売ってるのかな、横審に」「ここで(注意を)言わないとどうすんの、横審は」といった感想が出た。

  • 白鵬の張り手のおとがめなし?
    白鵬の張り手のおとがめなし?

「横綱相撲と言えない」など批判的な投書

   2018年1月14日に開幕する初場所を前にした稽古総見は5日に行われた。白鵬は、幕内の正代を相手に7番をとり全勝、6番目の土俵で「張り手」を出した。この様子は、「白鵬、横審の前で不評の張り手 解説者『不届き者だね』」(朝日新聞、ネット版)、「(略)正代圧倒も一番だけ張り手出た」(スポーツ報知、同)などと報じられた。

   朝日記事によると、稽古のあと、白鵬の張り手について、元横綱で相撲解説者の北の富士勝昭さんは「不届き者だね。あれだけ横審から注意されているのに。けんかを売っているのかな、横審に」と「ちゃめっ気を交えて」語った。一方、報知記事によると、横審の北村正任委員長からは、「『おとがめ』なし」で、「横綱相撲に及第点をつけていた」

   横審の北村委員長は、17年12月20日の臨時会合後の会見で、白鵬の張り手などの取り口の多さについて、「横綱相撲と言えない」など批判的な投書が多く寄せられていることを明かした。さらに、白鵬の自覚を促すよう相撲協会としても工夫、努力をして欲しい、とする意見も来ていることを紹介しながら、白鵬に注意を呼び掛けていた。

「我慢しきれず出ちゃったという感じに...」

   今回の総見の様子は、1月5日当日の情報番組「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)でも紹介された。総見の稽古映像を交え、白鵬が「苦言を呈されていた張り手」を出したとして話題にのぼると、東京相撲記者クラブ会友の大見信昭さんが

「くせがなかなか抜けきれないんですね」

と感想をもらした。コメンテーターのジャーナリスト、木村太郎さんは

「横審がこの場で何か注文つけないと、いけないはずでしょ」
「ここで(注意を)言わないでどうすんの、横審は」

と、約2週間前の横審会見の内容を踏まえ、横審に苦言を呈した。

   相撲リポーターの横野レイコさんは、

「(張り手を)やめようとして、(正代と)6回やって我慢しきれず出ちゃったという感じに...」

と、白鵬の「やめよう」とする姿勢を評価したが、

   キャスターの安藤優子さんは

「でも、あれだけ(注意を)言われてねえ」

と、張り手を出したことに納得がいかない様子だった。

   先の朝日記事などによると、白鵬は稽古後、無言で国技館を去った。

   もっとも、今回の総見での白鵬の「張り手」をめぐっては、見解の相違がある。同じ5日放送の「Nスタ」(TBS系)では、東京相撲記者クラブ会友の大隅潔さんは、白鵬の7番について「張り手(やかち上げ)はなかった」と解説した。該当場面の映像を見ても若干微妙で、先の報知記事では、見出しと前文で「張り手」とある一方、本文部分では「相手の顔をなでるような張り手」といった表現もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中