2020年 10月 31日 (土)

白鵬の「張り手」に横審おとがめなし? 木村太郎苦言「注文つけないと」

あのやずやの『にんにくしじみ』が半額に!?

「我慢しきれず出ちゃったという感じに...」

   今回の総見の様子は、1月5日当日の情報番組「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)でも紹介された。総見の稽古映像を交え、白鵬が「苦言を呈されていた張り手」を出したとして話題にのぼると、東京相撲記者クラブ会友の大見信昭さんが

「くせがなかなか抜けきれないんですね」

と感想をもらした。コメンテーターのジャーナリスト、木村太郎さんは

「横審がこの場で何か注文つけないと、いけないはずでしょ」
「ここで(注意を)言わないでどうすんの、横審は」

と、約2週間前の横審会見の内容を踏まえ、横審に苦言を呈した。

   相撲リポーターの横野レイコさんは、

「(張り手を)やめようとして、(正代と)6回やって我慢しきれず出ちゃったという感じに...」

と、白鵬の「やめよう」とする姿勢を評価したが、

   キャスターの安藤優子さんは

「でも、あれだけ(注意を)言われてねえ」

と、張り手を出したことに納得がいかない様子だった。

   先の朝日記事などによると、白鵬は稽古後、無言で国技館を去った。

   もっとも、今回の総見での白鵬の「張り手」をめぐっては、見解の相違がある。同じ5日放送の「Nスタ」(TBS系)では、東京相撲記者クラブ会友の大隅潔さんは、白鵬の7番について「張り手(やかち上げ)はなかった」と解説した。該当場面の映像を見ても若干微妙で、先の報知記事では、見出しと前文で「張り手」とある一方、本文部分では「相手の顔をなでるような張り手」といった表現もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中