2019年 5月 25日 (土)

藤井六段、小2時の「作詞ノート」晒される ラップ調に師匠も驚嘆、「やっぱり天才」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   飛ぶ鳥を落とす勢いの中学生天才棋士・藤井聡太六段(15)が、思わぬ形で嘲笑を買った。

   小学2年時に作詞した歌詞が、お茶の間に届けられてしまったのだ。

  • 藤井聡太五段(画像は日本将棋連盟の公式ウェブサイトより)
    藤井聡太五段(画像は日本将棋連盟の公式ウェブサイトより)

祖母が「作詞ノート」を保管

   2018年3月22日放送の情報番組「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系)では、藤井六段の特集を打った。

   師匠の杉本昌隆七段(49)をゲストに呼び、藤井六段の強さの秘けつを分析したのだが、番組では「負けず嫌い」に注目。それが如実に表れている例として、とあるエピソードを紹介した。

   藤井六段は小学2年時、対局で敗れると悔しい気持ちを歌詞にしたためていたという。藤井六段の祖母いわく「ラップ調」だったそうだ。

   番組では、藤井六段が当時、歌詞を記した紙を写真で紹介。紙は一度は捨てられシワだらけだったが、祖母が見つけ保管していた。

   以下、歌詞の一部(原文ママ、実際は6番まで続く)。

1.お~らのはいちゃく2七角~
馬のラインに入っていた~
ただで角をとられては~
オーノー オーノー

2.お~らはそのままボロまけに~
みんなのまえで
おはずかシー

3.お~らはそのままうつむいて~
小さく小さくなりました~
お~らそれから5分かん~
な~きつづ~けました~

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中