東京ディズニーランド 開園から35年 「拡張を検討」と運営会社

印刷

   東京ディズニーランド(TDL、千葉県浦安市)は2018年4月15日、開園から35周年を迎えた。記念式典では、ミッキーマウスら人気キャラクターが来場者と一緒にお祝いムードを盛り上げた。

   この日、運営会社のオリエンタルランドは、加賀見俊夫会長兼最高経営責任者(CEO)名でコメントを発表。「これまでの35年間とは別次元だと評価されるような、新しい体験価値の創造への準備が進んでいます」とした。TDLと東京ディズニーシー(TDS)の両園で、「様々な開発計画を模索しておりますが、現在は、パークの拡張について検討をしております」とも明かした。

   TDLとTDSを訪れた人はこれまで、累計7億人を超えている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中