2019年 11月 19日 (火)

講談社「買わないで」まんだらけ「非は出版社」 「愛と誠」原画落札、議論は平行線

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   漫画『愛と誠』(梶原一騎原作、ながやす巧作画)の原画が「まんだらけオークション」で落札された問題が、各所に波紋を広げている。

   まんだらけ(東京都中野区)は「明らかに非は出版社様にあります」と講談社側の不手際を指摘。ながやすさんの妻は「巧も私も毎日落ち込んでいます」と公式コメントを発表した。

   原画を落札した人物は良いとして、各所に後味の悪さを残したまま幕切れしそうなこの事件。いったい何が起きていたのか、その顛末を振り返る。

  • まんだらけオークションで落札された原画(画像はスクリーンショット)
    まんだらけオークションで落札された原画(画像はスクリーンショット)

「出品した以上は取り下げはできない」

   『愛と誠』は、1973~76年に「週刊少年マガジン」で連載された人気作品で、何度も映像化を経験した。ところが週刊少年マガジン編集部が2018年5月10日に発表した公式声明によると、連載当時に外部に原画を貸し出した際、その一部が行方不明となっていた。

   そのうち1973年11月号に掲載された扉絵が2018年4月20日、「まんだらけオークション」に出品。5月6日に400万円で落札された。21日のJ-CASTニュースの取材に応じた講談社の広報部によると、編集部は、まんだらけ側にオークションの中止を求めたが、「出品した以上は取り下げはできない」と対応されたという。

   編集部は5月10日、公式声明で「当時の原画管理に関する意識の甘さを猛省しています」と遺憾の意を表明。「現在は、ながやす巧先生ご自身がすべて(原画を)管理しております」とした。

   ながやす氏が外部の人間に原画を譲渡したり売却したりしたことはこれまでに1度もないと強調した上で、

「さまざまなオークションや漫画専門店などの店頭で『愛と誠』の原画を目にされることがあったならば、それは紛失もしくは盗まれたものです」

と説明。他の原画を発見したら一報を入れるよう、読者に要望した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中